アメリカン航空システム故障でパイロット不足?クリスマス休暇に欠航危機

2017年は米系航空会社のトラブルが多いような…?アメリカン航空では、社員のシフトを管理するシステムの不具合で、クリスマス休暇のシーズンにパイロットが大量に不足する事態が起きているようです…。

スポンサーリンク

アメリカン航空、システム故障でみんなに休暇?

報道によると、アメリカン航空ではクリスマスシーズン真っ只中の12月17日~31日に運航する便で、深刻なパイロット不足が発生。

社員のシフト管理をするコンピュータシステムの故障が原因で、代わりの人が居なくてもパイロットが休暇を取れるようになっていたそうです。

パイロット不足でクリスマスシーズンに欠航も?

アメリカン航空は不足しているパイロットの数や影響を受ける便について言及していませんが、パイロットの労働組合によると、推定1万5,000便でパイロットと副操縦士の両方、もしくはどちらかが配置されていない状況。

アメリカン航空は時給を1.5倍に引き上げる条件を提示して、パイロットの確保に奔走している模様。

数千便が欠航する恐れも…と報じられていますが、すでにこの期間の便を予約している人に対しては『最新情報をお待ち下さい』ということです。

スポンサーリンク

ネット上での反応は?

アメリカン航空の関係者やクリスマス休暇を楽しみにしていたパイロット、アメリカン航空を予約している人にとっては心配な出来事ですが、ネット上では…

被害を受ける人が最小限にとどまることを祈りたいと思います。

まとめ

  • アメリカン航空でコンピュータシステムのトラブルが発生
  • 多くのパイロットにクリスマス休暇を与えてしまい、飛行機を飛ばせない状況
  • 1.5倍の受給を提示して、パイロットの確保に奔走中

スポンサーリンク