ジョージ・パパドプロス氏って誰?トランプ陣営のロシア疑惑関与?

サングラスの怪しい写真ばかり報じられているジョージ・パパドプロス氏。2016年の大統領選で、ロシア側とトランプ陣営のミーティングを画策していた人物だそうですが、どんな人なのかプロフィールや写真をまとめました。

スポンサーリンク

ジョージ・パパドプロス氏は、どんな人?

プロフィール

ジョージ・パパドプロス(George Papadopoulos)氏は、1987年8月米国シカゴ生まれの30歳。

ギリシャ出身の両親を持つ、ギリシャ系アメリカ人です。

パパドプロス氏は、シカゴにあるデポール大学で国際政治経済学を学んで2009年に卒業し、イギリスのユニバーシティ・カレッジ・ロンドンで修士課程を修了。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスからも入学許可を得ていたそうです。

パパドプロス氏のリンクトイン(LinkedIn)によると、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン卒業後、2011~2015年に米国ワシントンD.C.にある保守系シンクタンク、ハドソン研究所の研究員として勤務。

しかし、ハドソン研究所の記録では、2011年から無給のインターンとして働き、その後、契約アシスタントを2014年までしていただけで、正規の職員として雇ったことはないそうです…。

トランプ陣営の外交顧問?

パパドプロス氏は、2015年に数ヶ月間石油・ガスコンサルタントとして働き、2015年11月、大統領選の共和党候補の1人だったベン・カーソン氏の顧問に就任。

2016年3月初めにカーソン氏が選挙戦から撤退したため、その後トランプ陣営の外交顧問に就任しました。

2016年3月31日に行われた国家安全保障のミーティング

テーブルの真ん中あたりに座っているのがパパドプロス氏

パパドプロス氏は、2017年1月からは、個人で石油・ガス・政策コンサルタントなどをしていたそうです。

スポンサーリンク

大統領選でロシア側との面会設定を試みる?

2017年10月30日にアメリカ司法省が公開した資料によると、パパドプロス氏はトランプ陣営の顧問だった2016年3月にロシア政府とつながりのある教授と知り合い、民主党クリントン候補に泥を塗る数千通のメールがあることを把握。

その後、他にもロシア政府と関係のある人物を紹介され、2016年3~9月にかけて、少なくとも6回、ロシア側とのミーティングを打診するメールをトランプ陣営幹部ら数人に送信したそうです。

アメリカ連邦捜査局(FBI)は、2017年1月にパパドプロス氏を事情聴取。

その際、ロシア側と関係する人物とのやりとりはトランプ陣営に入る前で、クリントン候補に泥を塗る意図で接触したことなども否定。

しかし、パパドプロス氏は2017年7月末にワシントン・ダレス国際空港で逮捕され、その後偽証だったことを認めました。

FBI捜査官に対する偽証罪は1件につき、最大で5年の刑期が課せられるそうですが、パパドプロス氏はロシア介入疑惑を主導しているモラー特別検察官の捜査に協力しているため、ずっと短くて済むようです。

今後、トランプ政権がどうなるか気になります~。

ポール・マナフォート氏ってどんな人?トランプ陣営の元選対本部長

まとめ

  • 大統領選でトランプ陣営の外交顧問を務めた人物が偽証罪で有罪
  • ジョージ・パパドプロス氏は、シカゴ出身で石油・ガスコンサルタント
  • 選挙中にロシア側とトランプ陣営幹部の接触を画策していた

スポンサーリンク