Googleマップで宇宙にも行ける?惑星や衛星も近くで見れる!

2017年7月には、国際宇宙ステーション(ISS)の中が探検できるようになったGoogleマップ。10月には、惑星や衛星の画像が追加され、太陽系の多くの星が見られるようになったようなので、チェックしてみました。

スポンサーリンク

Googleマップで宇宙空間に行ける!

どうやって見るの?

これまで確認できた月や火星に加え、2017年10月に水星や金星、冥王星など太陽系の惑星や、複数の衛星がGoogleマップに追加。

宇宙空間のページにアクセスすると、こんな画面が出現。

宇宙

左側の惑星 / 衛星名をクリックすると、その星が目の前に現れます。

拡大や回転もできる

例えば、これは冥王星(めいおうせい)。

冥王星

通常のGoogleマップの使い方と同じように、ズームインしたり、

拡大図

クルクル回転させることも可能。

回転

同じページから、他の惑星・衛星を見たり、先日加わった国際宇宙ステーションにもアクセスできます。

地球(Earth)を選択すれば、地球儀を見ているように回転させたり…

地球

そのまま近づいて行って、地上に降り立つことも可能です。

日本

Googleマップの宇宙空間のページから、色々な星を眺めてみてください~。

スポンサーリンク

土星探査機カッシーニの撮影した画像も!

今回追加された画像の中には、1997年に打ち上げられ、今年運用を終えた、土星探査機「カッシーニ」が撮影した画像もあるそうです。

1997年10月15日、カッシーニは土星を目指して出発。

約20年後の2017年9月15日に、カッシーニは土星の大気圏に突入して、運用を終えました。

土星はまだGoogleマップには追加されていませんが、その衛星であるミマス、エンケラドゥス、ディオネ、レア、タイタン、イアペトゥスの画像は見ることができます。

カッシーニの功績の一部を紹介する動画

実際に自分が宇宙に行くことはないと思うので、Googleマップの機能は便利です。

Googleストリートビューで観光、海外の絶景スポット10選!

まとめ

  • Googleマップに惑星や衛星がさらに追加
  • 拡大して地表を見たり、回転させたり出来る
  • カッシーニの遺した画像も含まれている

スポンサーリンク