マルタの美人記者ダフネ・カルアナガリチアさんとは?何者かに暗殺される?

マルタの著名ジャーナリストで、「パナマ文書」報道にも関わっていたダフネ・カルアナガリチアさん。10月16日に、暗殺と見られる車の爆発事故で亡くなりましたが、ダフネさんとはどんな方なのでしょうか。プロフィールや画像をまとめました。

スポンサーリンク

マルタで記者暗殺?運転中の車が爆発

10月16日、マルタ北部で女性が運転していた車が爆発。

車は近くの畑まで吹き飛ばされ、女性は亡くなりました。

現場周辺の様子

車を運転していたのは、同国の著名な調査報道ジャーナリスト、ダフネ・カルアナガリチアさん。

ダフネさんは、政治家の腐敗告発などで知られ、パナマ文書関連の報道にも関わっていました。

この記事では、ダフネ・カルアナガリチアさんのプロフィールや画像をまとめています。

スポンサーリンク

ダフネ・カルアナガリチアさんは、どんな人?

プロフィール

  • 名前:ダフネ・カルアナガリチア(Daphne Caruana Galizia)
  • 生年月日 / 年齢:1964年8月26日 / 53歳(10月16日没)
  • 出身地:マルタ・スリマ
  • 職業:ジャーナリスト / ブロガー

ダフネさんは、マルタ島東部の街スリマ出身。

1985年に夫ピーターさんと結婚し、3人の息子がいます。

ジャーナリスト活動とパナマ文書

ダフネさんは、1987年から現在まで、約30年に渡ってジャーナリストとして活動。

1990年代は、マルタの新聞や雑誌などでコラムニストや編集者をしており、過去10年ほどの間に、調査報道ジャーナリストとしての地位を確立。

自身のブログ / ニュースサイトでは、政治家の不正疑惑や批判も掲載し、複数の裁判を起こされていました。

ダフネさんは、パナマ文書に関連し、マルタのムスカット首相夫妻や政府関係者の不正資金疑惑も報道。

2016年にはポリティコの「ヨーロッパで最も影響力のある28人(欧州を揺るがす28人)」に選出されました。

マルタ国内の汚職や不透明性に勇敢に立ち向かったダフネさんには、敵も多かったと思いますが、このような事件が起きて残念です。

一部報道によると、ダフネさんは脅迫を受けて、警察にも相談していたそう。

まだ犯人についての報道はありませんが、マルタでは、多くの人が集まってダフネさんの死を悼み、抗議の声をあげています。

ダフネ・カルアナガリチアさんのご冥福と、マルタの平和をお祈りします。

まとめ

  • マルタで調査報道ジャーナリストの女性が乗った車が爆発
  • 乗っていた、ダフネ・カルアナガリチアさんは政治家の汚職などを報じていた
  • 恨みを持つ人物や都合の悪い情報を握られた人物による暗殺と見られている

スポンサーリンク