【悲報?】エミー賞司会のコルベア氏、日本でレターマン氏と誤報

『視聴率が最低で残念』とトランプ大統領にツイッターで皮肉られた、2017年のエミー賞授賞式。司会を務めたのはスティーヴン・コルベア氏でしたが、日本での知名度が低いためか、大手ニュースサイトで別人と間違って報じられてしまったようです…。

スポンサーリンク

今年のエミー賞授賞式、司会は誰?

9月17日にアメリカで行われた、第69回エミー賞授賞式。

司会を務めたのは、『ザ・レイト・ショー』でもおなじみのスティーヴン・コルベア。

今年の授賞式では、元ホワイトハウス報道官のショーン・スパイサー氏がサプライズ登場したり、トランプ大統領を演じた俳優アレック・ボールドウィンが賞を受賞したりしました。

ある程度の盛り上がりを見せて幕を閉じたエミー賞授賞式でしたが、その視聴率を知ったこの人は…(下部に続く)

スポンサーリンク

トランプ大統領のツイートがニュースに

国連総会の演説が注目されたトランプ大統領でしたが、多くのメディアは↓このツイートも見逃しませんでした。

エミー賞の視聴率が最低だと知って悲しい』という皮肉をつぶやいただけですが、国内外でニュースに。

日本でも、シネマトゥデイの報道がYahoo!ニュースで配信されたのを発見!

トランプ大統領のツイートの『頭のいい人たちは“DEPLORABLES”。』という発言についても、解説が書かれていて勉強になりました。

「DEPLORABLES」は「みじめ」「あわれ」「嘆かわしい」などを意味する英語「deplorable」にsをつけたもので、昨年の大統領選挙の際に民主党のヒラリー・クリントン候補が「トランプ氏を支持する人たちは“DEPLORABLES”だ」と表現するなど、選挙期間中に広く使用されていた。

Yahoo!ニュースから引用

さらに読み進めてみると…

ニュース

司会は、スティーヴン・コルベアではなく、『デヴィッド・レターマン』ということに。

(*ついでに、アレック・ボールドウィンがトランプ大統領にふんしたのは「同番組」ではなく「サタデー・ナイト・ライブ」。)

レターマン氏は、長年務めた『ザ・レイト・ショー』の司会から2015年に引退、コルベア氏が引き継いでいました。

『ザ・レイト・ショー』の頃のデヴィッド・レターマン氏

レターマン氏は来年、Netflixの番組でカムバック予定だそう。

コルベア氏とレターマン氏を間違えても、日本では今のところ影響はないようです。

スティーヴン・コルベア氏

コルベア氏は、自身の番組で、トランプ大統領関連のトークを披露しています。

スパイサー元報道官がエミー賞授賞式にもカメオ出演!動画あり

まとめ

  • 第69回エミー賞授賞式の司会は、スティーヴン・コルベア
  • 視聴率は最低だったらしく、トランプ大統領が皮肉ツイート
  • 日本で、コルベア氏はデヴィット・レターマン氏と間違えられた

スポンサーリンク