トランプ大統領、夏休み(?)は何処に?大人に休暇は必要ない?

8月4日(金)~20日(日)までの17日間、ホワイトハウスを離れて “ワーキング・バケーション” を過ごす、アメリカのトランプ大統領。トランプ大統領は、いわゆる夏休みをどこで過ごすのか、また、休暇に関する過去の発言などをチェックしてみました。

スポンサーリンク

トランプ大統領はじめての夏休み、どこで過ごすの?

大統領に就任して初めての夏がやってきました。

トランプ大統領は、どこで過ごすのでしょうか?

NJ州のトランプ・ゴルフクラブ

8月4日、トランプ大統領はアンドルーズ空軍基地から大統領専用機に乗り込み…

孫たちと向かった先は、ニュージャージー州にあるトランプ・ゴルフクラブ。

トランプ・ナショナル・ゴルフ・クラブ・ベドミンスター

7月には、このコースでゴルフの全米女子オープンが開催されました。

今回の夏休みには、イヴァンカ&ジャレッド・クシュナー夫妻、新しく大統領首席補佐官に就任したジョン・ケリー氏もゴルフ場に来ているようです。

トランプ・ゴルフクラブには、ゴルフコースだけでなく、宿泊施設やレストラン、フィットネス施設など、会員専用のラグジュアリーな設備が整っています。

最近の大統領では、オバマ氏&クリントン氏はマーサズ・ヴィニヤードで、ブッシュ(子)氏はテキサス州の牧場で夏休みを過ごすことが多かったです。

『夏休み』ではない?

ホワイトハウスのウォルターズ副報道官によると、トランプ大統領がホワイトハウスを離れるのには理由があり、『冷暖房設備を修理・交換するため』とのこと。

夏場に冷房なしだと、ホワイトハウス内は華氏100度(約38℃)を越えてしまうそうです。

工事中は、トランプ大統領だけでなく、他のスタッフも退去しているそうで、トランプ大統領は『ワーキング・バケーション』で、働き続けているということです。

ゴルフ場で楽しそうなトランプ大統領ですが、ツイッターには『ホワイトハウスは工事中。これはバケーションじゃない。』と投稿し、ミーティングや電話会談で忙しいようなことを書き込んでいます。

これまでの週末もアウェイ!

今回の夏休みについて、一部で批判されているトランプ大統領。

AP通信によると、トランプ氏が大統領に就任してから今までの28回の週末のうち、13回はホワイトハウスにいなかったそうです。

そのうち、ほとんどは別荘やゴルフ施設のあるフロリダ州のパームビーチで過ごしていました。

トランプ大統領は、2週間以上ホワイトハウスを離れることのほか、過去の発言についても注目が集まっています。

スポンサーリンク

大人に休暇は不要?ビリオネアは休まない?

これまで何冊も本を執筆しているトランプ大統領。

2004年に出版された『Trump: Think Like a Billionaire』の中では、

休暇なんか取るな。何の意味があるんだ?

もし働くことが楽しくないのなら、就く仕事を間違えている。

と書いています。

確かに名言のような気はしますが…。

トランプ氏は、過去にも当時のオバマ大統領のゴルフ回数や休暇について批判したり、皮肉を言ったりしていました。

トランプ大統領にとってゴルフはビジネスの一部のようなので、「休暇」の定義は難しいですね。

まとめ

  • トランプ大統領が2週間以上、ホワイトハウスを離れる
  • 以前から計画されていた、冷暖房設備の工事のため
  • ビリオネアには休暇は不要らしい

スポンサーリンク