【カムデン火災】ロンドンの観光地で大規模な火事、負傷者・原因は調査中

6月14日未明に高層住宅で火災のあったイギリス・ロンドン。今度は、観光地としても人気のカムデン・マーケットで大規模な火災が発生しました。現場では負傷者や原因の調査が行われています。

スポンサーリンク

カムデン・マーケットで火事

ロンドンの人気観光地

日本人にも人気の観光地、ロンドンのカムデン・マーケット。

リージェンツ運河沿いにあった倉庫群が1970年代に改装され、カムデンロック・マーケットでは衣類や雑貨、ジュエリー、手芸品などが売られています。

深夜に大規模な火災が発生

カムデンロック・マーケットでは、7月10日深夜、遠くからでも火と煙が確認できるほどの大規模な火災が発生。

建物の1~3階と、屋上に火が燃え広がりました。

少なくとも37件の通報があったそうで、10台の消防車と約70名の消防士が駆けつけ、消火作業にあたりました。

目撃者の話によると、火はすごい勢いで燃え広がったそうです。

火災が発生したのは深夜だったため、マーケットはすでに営業終了していましたが、マーケット内や近隣のレストランなど、厨房のある飲食店への延焼も心配されていました。

スポンサーリンク

負傷者・原因は調査中

ロンドン消防隊によると、最初に火災の通報があったのは、7月9日(日)の23時57分。

その後、翌10日(月)の午前2時50分までに鎮圧し、残火処理をしているとのこと。

今のところ負傷者の報道はなく、火災の原因は調査中。

目撃者の中には、レストラン『ギルガメッシュ(Gilgamesh)』から出火し、近隣の店舗に燃え移ったと話している人もいると報じられています。

被害が建物だけで済むことを願い、続報を待ちたいと思います。

まとめ

  • ロンドンのカムデン・ロック・マーケットで火災
  • 短時間で燃え広がり、建物の1~3階までが火に包まれた
  • 現時点で負傷者は公表されておらず、原因は究明中

スポンサーリンク