【動画】ピコ太郎、PPAPで外務省とコラボも意味不明?よしもと芸人もPR

2016年にPPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)が世界的に有名になった、ピコ太郎さん。今回、外務省とコラボし、PPAPのリズムに乗せて『持続可能な開発目標(SDGs)』を広く知ってもらうためのプロモーション動画を公開しました。

スポンサーリンク

【動画】ピコ太郎、PPAPで外務省とコラボも意味不明?

持続可能な開発目標(SDGs)を紹介

『持続可能な開発目標(SDGs)』のプロモーション動画を、世界に向けて発信したピコ太郎さん。

・・・?

スローガンが『Public-Private Action for Partnership = パブリック プライベート アクション フォー パートナーシップ』なので、ピコ太郎さんが歌っているそうです。

(日本の)ネット上では、

  • 外務省は何がしたいんだ?
  • 内容はよくわからないけど、すごいね
  • 一発屋のピコ太郎が、持続可能なことについてPR?

など、多くのコメントが寄せられており、日本で『持続可能な開発目標(SDGs)』に関心をもってもらうのには、役立っている模様です。

どんな目標?

「持続可能な開発目標(SDGs)」は、2015年9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された国際目標です。

国連広報センターによる紹介動画

今のところ、海外ではピコ太郎さんのSDGsプロモーション動画は、話題になっていないようです。

スポンサーリンク

よしもと芸人もSDGsをPR

ピコ太郎さんだけでなく、よしもと芸人たちも「島せんぶでおーきな祭」制作のSDGsを広める歌に参加していました。

よしもと芸人が参加した『未来人feat.SDGsオールスターズ』による「SDGsのうた」

日本人には、こちらの方が目標の内容がわかりやすいですね。

今回ピコ太郎さんの動画が話題になって、さらにSDGsの認知度が上がり、新たな行動につながると良いです。

まとめ

  • ピコ太郎さんと外務省がコラボして、『持続可能な開発目標(SDGs)』のプロモーション動画を制作
  • 日本国内からは、『持続可能な開発目標(SDGs)』に関心を示す声も上がっている
  • 一発屋芸人(?)のピコ太郎さんが『持続可能な目標』を紹介するのはシュールとの声もある

スポンサーリンク