ビーナス・ウィリアムズ、交通事故の動画が公開。擁護の声が多数寄せられる

先月、交通死亡事故を起こしたテニスのビーナス・ウィリアムズ選手。遺族は、ビーナス側に過失があったとして訴訟を起こしていましたが、新たな動画が公開され、『ビーナスは合法的に、交差点に進入していた』ことがわかったようです。

スポンサーリンク

ビーナス・ウィリアムズ、交通事故の動画が公開

テニスのビーナス・ウィリアムズ選手は、6月9日に米国フロリダ州で車を運転中に交通事故を起こし(巻き込まれ)、後日、相手の車に乗っていた78歳の男性はケガが原因で亡くなりました。

この事故で亡くなった男性の遺族はビーナス側に過失があったとして訴訟を起こし、一部の人からビーナスを責める声が上がっていました。

捜査を進めていた地元警察は、7月7日、新たな証拠として事故の様子を映した動画を調べた結果、ビーナスは交通規制に従って運転していたと発表。

交通事故の様子を写した動画

映像では信号までは見えませんが、報道によると…

  1. 画面上方向に向かって走行中のビーナス(VENUS)は、青信号で交差点に進入
  2. ほかの車がビーナスの前を横切ったため一旦停止し、その間に信号が赤に変わる
  3. その後、ビーナスは交通規制に従って前進したところ、スピードを出して走ってきた車と衝突

と、なったようです。

スポンサーリンク

擁護の声が多数寄せられる

現在、イギリスで開催中のウィンブルドン大会に出場中のビーナスは、7月3日の試合後の記者会見で事故について聞かれ、涙を見せていました。

その時は『ビーナス側に過失があった』『有名人だから優遇されている』と思っていた人もいたようですが、今回映像が公開され、警察も「ビーナスは交通規制に従って運転していた」と発表したことから…

  • ビーナスのせいじゃない
  • ビーナスは何も間違っていない
  • 相手側の車の前方不注意のようだ
  • スピードの出しすぎじゃないかな?

・・・など、擁護の声が多数寄せられています。

相手の車に乗っていた男性が亡くなってしまったことは大変残念で、ビーナスも心を痛めていると思いますが、警察の捜査が進んで平和に解決することを祈ります。

まとめ

  • テニスのビーナス・ウィリアムズが6月に交通事故を起こして(巻き込まれて)いた
  • 相手の車に乗っていた男性が亡くなり、ビーナス側に過失があると訴訟を起こされていた
  • 新たな映像が公開され、警察はビーナスが交通規制に従って運転していたと発表

スポンサーリンク