【動画】加イヌイットの伝統『喉歌』を笑った?チャールズ皇太子とカミラ夫人に批判?

2017年7月1日のカナダ建国150周年記念に合わせて、カナダを訪問していたイギリスのチャールズ皇太子とカミラ夫人。イヌイットの伝統『喉歌』を鑑賞して、笑っている動画に批判もあったようです。

スポンサーリンク

【動画】カナダ・イヌイットの伝統『喉歌』を笑った?

2017年7月1日のカナダ建国150周年記念に合わせて、カナダを訪問していたイギリスのチャールズ皇太子とカミラ夫人。

皇太子夫妻は、6月末にカナダのヌナブト準州イカルイトで、イヌイット・コミュニティの人々と交流し、伝統的な喉歌(のどうた)のパフォーマンスも鑑賞しました。

そこで撮影された、カミラ夫人は笑いをこらえきれず、チャールズ皇太子は何とか耐えようとしている様子の動画が注目を集めています。

※音量にご注意ください。

喉歌(のどうた)は、喉遊び歌とも呼ばれる、伝統的な歌唱法 / 歌あそび。

イヌイットの女性の間では、男性が狩りに出かけている間などに、楽しまれていたそうです。

これには勝ち負けもあるそうで、2人の女性が向かい合って喉で音を出し、先に笑ったほうが負けなのだそうです。

スポンサーリンク

チャールズ皇太子とカミラ夫人に批判?

2人がイヌイットの伝統的な喉歌を見て、笑っている動画が報道されると…

  • イヌイットの人たちに失礼だ!
  • ロイヤルファミリーが笑うなんて恥ずかしい!

などとネット上で批判する人がいる一方で、

  • 申し訳ないけど、面白すぎる
  • 笑いをこらえるのは、無理だ

という意見もありました。

ちなみに、このニュースを報じた英itvによると、カナダ・ヌナブト準州の人口の約85%を占めるイヌイット・コミュニティの人々は、カミラ夫人が喉歌を笑ったことについて、侮辱されたとは思っていないようだと伝えています。

最近は何でも『炎上』してしまうので、大変ですね。

カナダのイヌイット・コミュニティの人々と交流し、言語や伝統文化に触れたチャールズ皇太子とカミラ夫人の画像(5ページあります)。

まとめ

  • イギリスのチャールズ皇太子とカミラ夫人がカナダを訪問
  • 皇太子夫妻は、イヌイットの言語や伝統文化を鑑賞した
  • 『喉歌』でカミラ夫人は笑いをこらえきれなかった

スポンサーリンク