トランプ大統領『ソーラーパネルの壁は自分のアイデア』→批判殺到

先日は、100年以上前に造られたパナマ運河を自分の手柄かのように話して注目を浴びたトランプ大統領。今度は、『“メキシコ国境の壁をソーラーパネルにする”というアイデアは自分のもの』と自慢し、批判が殺到しました。

スポンサーリンク

メキシコ国境の壁は、ソーラーパネルに?

6月21日、アイオワ州で開かれた集会で、スピーチをしたトランプ大統領。

その中で、メキシコ国境の壁のアイデアについても語りました。

『アメリカには、国境の壁が必要だ!』

国境の壁が必要だ

あまり知られていないが、我々はすでに多くのお金をつぎ込んで、設計を考えている。

もう計画中

私から皆さんに、まだ誰も聞いたことのないアイデアを教えよう。

新しいアイデア?

実現するかは分からないが、私は建設業者だ。こういったことは、恐らく私が最も得意とすることだろう。

私は建設業者

『(中略) 我々は、ソーラーパネルの付いた壁を検討している。エネルギーを生み出し、壁の費用を自ら作り出すんだ!

ソーラーパネルの壁

『(中略)素晴らしい想像力だろう!私のアイデアだ!

素晴らしい想像力

ー画像引用元:Bloomberg Politics YouTube

ソーラーパネルの壁が実現するか』『太陽光発電で建設費用を回収できるか』などの前に、色々とツッコミどころ満載ですね。

そして、批判も殺到しました。(下部に続く)

スポンサーリンク

『自分のアイデア』と自慢したトランプ大統領に批判殺到

1月にトランプ政権が発足し、公約通り国境の壁が建設されることになったあと、政府は建設業者らからアイデアを募集。

4月初めの期限までに複数の提案がされ、内容は最終案がまとまるまで明かされない予定でしたが、いくつかの建設業者は自分たちの提案したアイデアを公表しました。

その中で、ラスベガスのグリーソン・パートナーズ(Gleason Partners LLC)は、ソーラーパネルで覆われた壁を提案し、このアイデアは多くのメディアが報道。

4月にオンラインニュースや新聞に掲載されたアイデア

イメージはこんな感じらしい

国境の壁建設を率先して進めているはずの(?)トランプ大統領も、このアイデアは目にしているはずなので『自分の想像力は素晴らしい』というのはどうなんでしょう。

米フォーチュン誌は、トランプ大統領がソーラーパネルの壁について話したときの発言をファクトチェックしており…

【ソーラーパネルの壁はトランプ氏のアイデア?】

  • 真実1:以前からソーラーパネルの壁のアイデアは出ており、2017年3月には「ウォール・ストリート・ジャーナル」で専門家が議論
  • 真実2:国境の壁の案として、グリーソン・パートナーズが4月に提出。太陽光発電で壁の費用回収にも触れていた
  • 真実3:大統領選中、トランプ氏は太陽光発電について「超高額」「上手くいかない」と繰り返し発言

…ということで、やはり「ソーラーパネルの壁は自分のアイデア」というのは無理があったようです。

今後もトランプ大統領の言動に注目したいと思います。

米トランプ大統領がパナマ運河を建設?手柄を奪うな!と批判殺到…

まとめ

  • トランプ大統領が集会で「ソーラーパネル付きの国境の壁」のアイデアを披露
  • 「素晴らしい想像力」「自分のアイデア」と自慢したが、すでに提案されて広く知られていた
  • 大統領選中は、太陽光発電について否定的な発言を繰り返していた

スポンサーリンク