米トランプ大統領がパナマ運河を建設?手柄を奪うな!と批判殺到…

2017年6月19日に、パナマ共和国のバレラ大統領とホワイトハウスで会談したトランプ大統領。その中で『パナマ運河建設』に触れたトランプ大統領ですが、ネット上では反トランプの方々からツッコミや批判が殺到しています。

スポンサーリンク

米トランプ大統領がパナマ運河を建設?

2017年6月19日、トランプ大統領は、パナマ共和国のバレラ大統領夫妻をホワイトハウスに招き、会談。

バレラ大統領とトランプ大統領

会談では、麻薬密輸や不法移民問題の対策などについて話し合われたそうですが、冒頭でパナマについて紹介したトランプ大統領は、パナマ運河や両国間の友好関係に触れました。

トランプ大統領『パナマ運河は順調だ。我々は本当によく建設したと思う。

パナマ運河紹介

バレラ大統領「・・・はい、100年前に。

我々は本当によく建設した

トランプ大統領『我々は本当に良い仕事をした。パナマ国内で物事は上手くいっている。

…100年前に。

トランプ大統領『パナマとアメリカの友好関係は深まるばかりだ。

絆は深まるばかりだ

ー画像引用元:TIME YouTube動画キャプチャ

パナマ運河とは…

パナマ地峡を貫き、太平洋と大西洋とをつなぐ閘門(こうもん)式運河。長さ82キロ。1881年フランス人レセップスにより起工。1914年米国が完成し、運営権および両岸地帯の永久租借権を得たが、1977年パナマと米国が新条約を締結、1999年末にパナマに返還された。

ー引用元:コトバンク / デジタル大辞泉の解説

2016年までに拡張工事が行われたパナマ運河

実際に、100年以上前の1914年にパナマ運河の建設を完成させたのはアメリカなので、トランプ大統領が『我々(=アメリカ)は本当によくやった。』という意味で発言したのであれば、間違っているわけではないのですが…ネット上では、批判とツッコミが殺到しました。

スポンサーリンク

『手柄を奪うな!』と批判殺到…

トランプ大統領は、(元アメリカ大統領)セオドア・ルーズベルトの幽霊を怒らせてしまった。

トランプは、100年以上前の功績も、自分の手柄にするのか。

建設した人たちに敬意を払え。

トランプ大統領「我々は良いものを作った。」

バレラ大統領「…100年以上前にね。」

トランプ大統領「え?そうだったの。」

パナマ運河を建設したのは、トランプ?

知らなかった。

だから歴史の成績が悪かったんだ。

また、いつものことながら、『トランプ大統領の発言が幼稚過ぎる』というコメントも多く見られました。

【画像】「パナマ共和国」ってどんな国?副大統領が美人?

まとめ

  • トランプ大統領がパナマのバレラ大統領と会談
  • 100年以上前にアメリカが建設したパナマ運河を、自分の手柄にした模様
  • ネット上では、反トランプの方々からツッコミや批判が殺到

スポンサーリンク