元ロンドン市長ボリス・ジョンソン氏は英国のトランプ?来日歴も…

2008~2016年まで、2期8年ロンドン市長を務めていたボリス・ジョンソン氏。現在は、メイ政権下で外相をしていますが、「英国のトランプ」とも呼ばれ、ツッコミどころも多い方なので、ボリス・ジョンソン氏について、まとめてみました。

スポンサーリンク

ボリス・ジョンソン氏はどんな人?

プロフィール

  • 名前:ボリス・ジョンソン (Boris Johnson)
  • 生年月日 / 年齢:1964年6月19日 / 53歳
  • 出身地:米国ニューヨーク生まれ
  • 身長:175cm

ジョンソン氏は、ニューヨーク・マンハッタンで英国人の両親のもとに誕生、父親は当時コロンビア大学の学生だったそうです。

ジョンソン氏の生後間もなく、母親がイギリスのオックスフォード大学で学ぶため、一家はイギリスヘ。

その後、ジョンソン氏は幼少期を英国オックスフォードやロンドン、米国コネチカット、ベルギー・ブリュッセルなどで過ごします。

フランス語も堪能らしいボリス・ジョンソン氏

ジョンソン氏は、小学校高学年頃から、英国イースト・サセックスにある寮制の学校に通い、その後、名門イートン校に進学。

大学はオックスフォード大で古典や古代哲学を学び、ジャーナリストや政治コラムニストとして活動するようになります。

両親はジョンソン氏が中学生の頃に離婚していますが、父親は政治家、母親は画家で、ジョンソン氏の祖父母・祖先はジャーナリストや翻訳家など、各界で活躍した著名人が多いそうです。

また、アメリカ生まれのジョンソン氏は米国籍も保持していましたが、英国に忠誠を示すためとして、2016年に放棄しています。

結婚・子供は?

ジョンソン氏は、大学卒業後の1987年に1度目の結婚をしますが、1993年に離婚。

同年、現在の妻である*マリーナ・ウィーラー(Marina Wheeler)さんと結婚し、後に4人の子供をもうけます。

*マリナ・ホイーラーと記載されることもあり。

ジョンソン氏と妻マリーナさん

妻のマリーナさんは法廷弁護士で、イギリス・インド系。

2人は昔から家族同士の付き合いがあり、ベルギー・ブリュッセル滞在時に同じ学校に通っていたことから、仲良くなったそうです。

前妻に「彼の不倫が原因で別れた」と暴露されたジョンソン氏ですが、マリーナさんと再婚後も何度か不倫をしているようで、2009年に不倫相手との間に娘が誕生していたことがわかっています。

元ロンドン市長

ジャーナリストや政治コラムニストとして働いていたジョンソン氏は、2001年に庶民院(下院)議員に当選し、2008年にはロンドン市長に就任。

親しみやすい市長として人気を集め、2012年のロンドン・オリンピックを成功に導きました。

サイクリングが趣味のジョンソン氏

任期中、ジョンソン氏はロンドンに自転車共有システムを導入し、自転車道の整備にも力を注ぎました。

ロンドン市長を2期8年務めたジョンソン氏は、2016年の国民投票でEU離脱派を率い、メイ政権では外相に就任。

各地で、海外の伝統や文化に驚いているようです。

スポンサーリンク

英国のトランプ?

髪の毛や体型がちょっと似ているジョンソン氏とアメリカのトランプ大統領。

実際にジョンソン氏は、イギリス国内でトランプ大統領に間違われたこともあるそうです。

どっちが本物?

また、見た目だけでなく、ジョンソン氏は歯に衣着せぬ物言いで人種差別や侮辱的な発言をしたり、子供っぽい言動をしたりするため、『英国のトランプ』とも呼ばれています。

来日歴も…ラグビーで少年にタックル?

ロンドン市長時代の2015年秋に来日したことのあるジョンソン氏。

学生時代にラグビーをしていたこともあるジョンソン氏は、東京でラグビーの交流イベントに参加。

そこで、ジョンソン氏は少年にタックルしてしまい、少年とともに倒れ込みました。

結構痛そうです。

ジョンソン氏『たまたま少年にぶつかり、倒してしまった。』とコメントしており、少年にもケガはなかったそうです。

今後もボリス・ジョンソン氏から目が離せないですね。

まとめ

  • ボリス・ジョンソン氏は、イートン校、オックスフォード大学卒業
  • ジャーナリストから政治家になり、ロンドン市長を務めた
  • 見た目がトランプ大統領に似ており、言動も共通するところがある

スポンサーリンク