【画像】「パナマ共和国」ってどんな国?副大統領が美人?

『パナマ文書』でよく耳にする国「パナマ共和国」。パナマの場所や人口、言語、通貨…など、気になることをまとめました。また、「副大統領が美人」という噂を聞いたのでチェックしてみました。

スポンサーリンク

「パナマ共和国」ってどんな国?

場所はどこ?

パナマ共和国(通称:パナマ)は、南北アメリカ大陸を結ぶ中央アメリカの国

首都パナマ市はパナマ運河の入り口で、国の政治、経済、文化の中心。

パナマ市にはモダンな高層ビルと、歴史的な建物の残る地区があります。

パナマ市の旧市街地、パナマ・ビエホとパナマ歴史地区は、世界文化遺産に登録されています。

面積や人口は?

パナマ共和国の広さは、日本の北海道より少し狭い75,517平方キロメートルで、人口は約400万人。

上空から見たパナマ市

外務省の統計によると、国民の人種は混血が70%、先住民が7%で大部分を占めています。

言語はスペイン語?

過去にスペインの植民地だったパナマの公用語は、スペイン語。

宗教はローマ・カトリックが85%、プロテスタントが13%です。

通貨や産業は?

パナマの通貨単位は「バルボア」で、為替レートは1バルボア=1米ドルで固定。

50 centavos de balboa

50セント・バルボア硬貨の表面 / Wikipediaから画像引用

「バルボア」に紙幣はなく、硬貨のみで、パナマ国内で広く使われているのは米ドル。

パナマ国内で米ドルは問題なく使えますが、アメリカでバルボアの硬貨を使うことは出来ません。

パナマでは、パナマ運河運営、貿易、国際金融センター、商業、不動産業等の第3次産業がGDPの約8割を占めているそうです。

消費税は基本的には7%ですが、商品やサービスによって10%や15%のものもあります。

スポンサーリンク

【画像】副大統領が美人?

プロフィール

  • 名前:イサベル・サインマロ (Isabel Saint Malo)
  • 生年月日 / 年齢:1968年6月27日 / 48歳
  • 出身地:パナマ・パナマ市
  • 家族:夫、子供3人

イサベル・サインマロ副大統領(左)

ファッションもオシャレです。

サインマロ副大統領は、アメリカの大学で国際関係学を専攻、大学院では経営学を修了しており、15年以上パナマで国連開発計画(UNDP)に携わっていたそうです。

2014年にパナマ初の女性副大統領に就任し、外務大臣も兼任しています。

本当に美人でチャーミングな方ですね。

大統領は?

パナマの大統領は、フアン・カルロス・バレラ氏、53歳。

2014年に大統領に就任しました。

バレラ大統領と独メルケル首相

2016年4月に来日し、天皇皇后両陛下や安倍首相と会談しました。

バレラ大統領にも、奥様と3人のお子様がいるそうです。

米トランプ大統領がパナマ運河を建設?手柄を奪うな!と批判殺到…

まとめ

  • パナマ市には、高層ビル街と旧市街がある
  • 通貨は主にアメリカドルが流通している
  • サインマロ副大統領がチャーミングで美人

スポンサーリンク