【画像】ブータン王国の国王&王妃はどんな人?王子も可愛い!

『幸せの国』と呼ばれるブータン王国。美男美女のワンチュク国王とペマ王妃のプロフィール、可愛い王子の写真などをまとめました。

スポンサーリンク

ブータン王国の国王&王妃はどんな人?

『幸せの国』ブータン

中国とインドに国境を接する南アジアの国、ブータン王国。

1907年にワンチュク家のもとに成立し、現在の国王は5代目のジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王です。

1972年に当時のジグミ・シンゲ・ワンチュク国王が国民の心の豊かさを測る「国民総幸福量 (GNH)」の最大化を提唱し、その調査結果によってブータン王国は『幸せの国』と呼ばれるようになりました。

ジグミ・シンゲ・ワンチュク前国王

心の豊かな国民が多いとされるブータンですが、貧困層も多く、識字率が低いことなどから、後発開発途上国に分類。

環境や伝統文化保全などのため、テレビ放送・インターネットが解禁されたのは、1999年です。

ワンチュク国王のプロフィール

  • 名前:ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王
  • 生年月日 / 年齢:1980年2月21日 / 37歳
  • 出身地:ブータン・ティンプー

ワンチュク国王は、4代目国王の長男として、第3王妃との間に誕生。

ブータンは、男性が複数の姉妹を妻にする一夫多妻制が続いていたため、国王の王妃は姉妹同士でした。

兄弟は、弟と妹が1人ずつ、他に異母姉、異母妹・弟が数人います。

教育は、ブータンでの基礎教育を受け、アメリカの学校にも留学、大学はイギリスのオックスフォード大で政治や外交、国際関係などについて学んでいます。

皇太子として、父である4代目国王とともに活動後、2006年に5代目国王に即位。

2008年に行われた戴冠式

ブータンでは国王の65歳定年制があり、4代目国王は定年より前の51歳の時に譲位しました。

ジェツン・ペマ王妃のプロフィール

  • 名前:ジェツン・ペマ・ワンチュク王妃
  • 生年月日 / 年齢:1990年6月4日 / 26歳
  • 出身地:ブータン・ティンプー

ペマ王妃の父親は航空会社のパイロット、母親はブータンの名家出身。

5人兄弟の2番目に生まれたペマ王妃は、ブータンとインドで教育を受け、高校ではバスケットボールチームのキャプテンを務めていたそうです。

大学は、イギリスのリージェンツ・カレッジに留学して国際関係論を専攻。

絵画や美術に興味があるペマ王妃は、美術史や心理学のクラスも受講していたそうです。

2人の出会い

報道によると、ペマ王妃はワンチュク国王と遠い親戚。

2人は子供の頃にティンプーでのピクニックで出会い、ワンチュク国王(当時は王子)が『もし大人になって2人とも独身だったら、結婚してほしい。』とひざまずいてプロポーズ。

このとき、ペマ王妃は7歳、ワンチュク国王が17歳だったそうです。

そして、時は流れ、2011年に2人は婚約・結婚。

婚約が発表された時、ペマ王妃は20歳の学生でした。

結婚式の動画

21歳で結婚したペマ王妃。

ワンチュク国王は、一夫多妻制の慣例には従わないようです。

スポンサーリンク

【画像】王子も可愛い!

2011年に結婚したワンチュク国王とペマ王妃の間には、2016年に王子が誕生。

ギャルセイ・ジグメ・ナムゲル王子は、2016年2月5日生まれです。

父母であるワンチュク国王とペマ王妃との家族写真は、見ているだけで何だか幸せな気分になります。

ペマ王妃が美しすぎて眩しいです…。

中東カタールはどんな国?サーニー家のタミーム首長とは?

まとめ

  • ブータン王国の国王は、現在37歳の5代目ワンチュク国王
  • ワンチュク国王は10歳年下のペマ王妃に、子供のころ求婚
  • 2人は2011年に結婚し、2016年に王子が誕生した

スポンサーリンク