【画像】オランダ国王&マキシマ妃はどんな人?娘(王女)も可愛い!

日本と歴史的に関係の深い国オランダ。現在の王、ウィレム=アレキサンダー国王と妻のマキシマ王妃はどんな人なのでしょうか。プロフィールや可愛い3人の娘(王女)の画像などをまとめました。

スポンサーリンク

ウィレム=アレキサンダー国王はどんな人?

プロフィール

  • 名前:ウィレム=アレキサンダー (Willem-Alexander)国王
  • 生年月日 / 年齢:1967年4月27日 / 50歳
  • 出身地:オランダ・ユトレヒト

ウィレム=アレキサンダー国王は、オランダのベアトリクス女王の第1子として誕生し、2013年4月、女王の退位に伴って国王に即位。

国王に即位した際のニュース

マキシマ妃とは、2002年2月に結婚しました。

趣味は航空機の操縦?

外務省が公表している情報によると、ウィレム=アレキサンダー国王の趣味はスキー、スケート、乗馬、航空機の操縦。

2017年5月、現地メディアのインタビューで『商用旅客機のパートタイム副操縦士として、月に2回、約21年間勤務していた経歴』が明らかになりました。

今後はKLMオランダ航空の飛行機が、これまで操縦していた小型のフォッカー70からボーイング737に入れ替わるため、操縦を続けるためにはボーイング737での訓練が必要だそうです。

スポンサーリンク

オランダのマキシマ王妃はどんな人?

プロフィール

  • 名前:マキシマ王妃 (Queen Máxima)
  • 生年月日 / 年齢:1971年5月17日 / 46歳
  • 出身地:アルゼンチン・ブエノスアイレス

マキシマ妃は、米国ニューヨークの銀行に勤めていた1999年、滞在先のスペインでウィレム=アレキサンダー国王(当時は皇太子)に出会い、その後交際。

2002年に結婚し、現在は3人の娘(王女)がいらっしゃいます。

アルゼンチン出身?

マキシマ妃は、アルゼンチン・ブエノスアイレスで代々地主や企業の役員、政治家を務める裕福な家系に誕生。

ブエノスアイレスの大学で経済学を学んだ後、欧米の企業や銀行で働いていました。

元キャリアウーマンのマキシマ妃

2001年3月にウィレム=アレキサンダー皇太子と婚約し、同年5月の誕生日にオランダ国籍を取得。

2002年2月に結婚して皇太子妃となり、ウィレム=アレキサンダー皇太子が国王に即位した2013年に王妃になりました。

3人の娘(王女)が可愛い

ウィレム=アレキサンダー国王とマキシマ妃の間には、3人の可愛い娘さんがいらっしゃいます。

2003年12月7日生まれの長女:カタリナ=アマリア王女

2005年6月26日生まれの次女:アレクシア王女

2007年4月10日生まれの三女:アリアーネ王女

ロイヤルファミリーの家族写真

長女のアマリア王女が王位継承順位第1位で、将来、女王になられる予定です。

モナコのシャルレーヌ公妃は元水泳選手?双子の子供も可愛い!

まとめ

  • ウィレム=アレキサンダー国王は2013年に女王の退位に伴って即位
  • マキシマ王妃は、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身で、以前はキャリアウーマン
  • 王女3人は現在10歳から14歳で、長女アマリア王女が将来の女王

スポンサーリンク