ブラジルのテメル大統領、不正疑惑や辞任を否定。デモや弾劾の可能性も?

アメリカでは連日トランプ大統領に関する疑惑が報じられていますが、ブラジルのテメル大統領にも不正疑惑が浮上。テメル大統領は不正や辞任を否定しましたが、各地でデモが行われ、野党は弾劾を議会に請求するなどの事態に発展しています。

スポンサーリンク

ブラジルのミシェル・テメル大統領に不正疑惑?

汚職の捜査を妨害?

2017年3月、大手を含む国内食肉工場の一斉捜査が行われ、官民癒着の大規模な不正が発覚したブラジル。

最近も、検査官と結託して中国からの輸入魚を偽装していた業者が摘発されました。

そして5月17日には『テメル大統領が汚職捜査を妨害した』という疑惑を地元メディアが報道。

ブラジルのミシェル・テメル大統領

報道によると、テメル大統領は、大規模な不正に関わった疑惑で捜査を受けている大手食肉会社の幹部と3月に面会。

その際、食肉会社の幹部は、同じ汚職スキャンダルで収監されている元下院議長に金銭を提供し、捜査機関の司法取引に応じないよう求めたことを大統領に報告。

これに対し、テメル大統領は口止め料の提供を承認したと報じられています。

大統領は不正&辞任を否定

18日にテメル大統領はテレビ演説を行い、『私は不正はしておらず、辞任するつもりもない。ブラジルのために貢献していく。』と辞任を否定しました。

しかし、3月にテメル大統領と会った大手食肉会社幹部が会話を録音しており、司法取引に応じて捜査機関に録音テープを提出。

そして、その録音には、口止め料を渡していたと報告した食品会社幹部に大統領が『それを続けなくてはいけない。いいな。』と応じる様子が記録されていたそうです。

ブラジルの最高裁は18日、検察にテメル大統領に対する捜査を認める決定を下しており、今後の展開に注目が集まっています。

デモや弾劾の可能性も?

ブラジルでは、大統領の不正疑惑報道後、複数の都市で大統領の辞任を求めるデモが行われています。

また、報道を受けて野党はテメル大統領の弾劾を議会に請求。

ブラジルでは、ルセフ前大統領も昨年8月に弾劾裁判によって罷免されており、緊張感が高まっています。

就任から1年も立たずに、不正疑惑で危機的状況に立たされているテメル大統領。

大規模な食肉偽装が発覚した3月には、他にも大変なことが起こっていたようです。

スポンサーリンク

ブラジル大統領官邸に幽霊疑惑で引っ越し?

テメル大統領は大統領就任後、ブラジルの大統領公邸であるアルボラーダ宮殿に家族と居住。

しかし、2017年3月、『幽霊屋敷疑惑』で大統領公邸から退去していたことがわかりました。

アルボラーダ宮殿は、美しい建築と豪華な施設で有名な建物ですが、テメル大統領は何か不気味な気配を感じたようです。

ブラジルでは副大統領が選出されていなかったため、テメル大統領一家は空いていた副大統領公邸にお引っ越し。

今のところ、そちらでは問題は起きていないようです。

現在76歳のテメル大統領の妻は、最近34歳になったばかりのマルセラさん。

美人コンテストで入賞したこともあるマルセラさんとテメル大統領は2003年に結婚し、息子が1人います。

テメル大統領とマルセラ夫人

テメル大統領には国民も家族もいるので、今回の疑惑の真相が気になります。

まとめ

  • ブラジルのミシェル・テメル大統領の不正疑惑
  • デモが各地で起こり、野党は議会に弾劾を請求
  • 捜査妨害の証拠を録音したテープも捜査機関に提出された

スポンサーリンク