【画像】ガーデン・スパイサー?茂みに隠れた米報道官が話題

毎日がドラマのような、アメリカのトランプ政権。たまにコメディみたいなことも起こりますが、今回は『茂みに隠れたスパイサー報道官』がネット上で話題になっているようです。

Sponsored Link

【米トランプ政権】茂みに隠れたホワイトハウス報道官?

アメリカでは先週、トランプ大統領がFBIのコミー長官を電撃解任。

与野党の議員やメディア、国民からは批判や疑問の声が噴出しました。

こういう時、矢面に立って記者の相手をするのはスパイサー報道官の仕事。

ショーン・スパイサー報道官

しかし、米ワシントン・ポストが伝えたところによると、スパイサー報道官は記者の質問を避けるため、ホワイトハウスの庭の茂み(植木)に隠れていたそうです。

イメージ1

イメージ2

ちなみに、ワシントン・ポストは初め、『スパイサー報道官が植木に隠れていた』と報道したそうですが、ホワイトハウスはこの表現が気に入らなかったようで、後に記事は『植木に囲まれたところにいた』と修正されたそうです。

・・・

すでにネット上では、色々な場所に隠れているスパイサー報道官『ガーデン・スパイサー』がトレンドになっています。

Sponsored Link

【画像】ガーデン・スパイサーがネットで話題

『ガーデン・スパイサー』を広めたのは、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学で地理学の先生をしているリサ・カドナガさん。

日本人のようなお名前ですが、フェイスブックによると、カナダ・オンタリオ州出身のようです。

カナダや海外のメディアから、取材されたリサ・カドナガさん

カドナガさんは、スパイサー報道官の写真をプリントし、茂みに隠れているところを撮影、フェイスブックにアップしました。

ガーデン・スパイサー

カドナガさんは、親切にもスパイサー報道官の顔写真をダウンロードできるリンクも掲載。

多くの人が、ガーデン・スパイサー(#GardenSpicer)をSNSに投稿しました。

面白いですね。

@kellygolloglyがシェアした投稿

【その他の投稿】

コミー長官の解任にも驚きましたが、スパイサー報道官もたびたびクビ疑惑が流れているので…ちょっと心配です。

FBIコミー長官クビ、ロシア関係の捜査妨害?トランプ大統領は第2のニクソン?

まとめ

  • スパイサー報道官は、記者への対応がいつも大変
  • 質問攻めから逃れるため、ホワイトハウスの茂みに身を隠した
  • その様子を再現した『ガーデン・スパイサー』が流行っている

Sponsored Link