ディズニー未公開映画がリーク?身代金支払いは拒否?オレンジイズニューブラックも被害

ランサムウェアによる被害が世界中で拡大している中、ディズニーもサイバー攻撃に遭ったようです。ディズニーの未公開映画がハッキングされ、公開しないことと引き換えに、ビットコインで多額の身代金を要求されています。

Sponsored Link

ディズニー未公開映画がハッキング、リークの恐れ?

ハッカー集団に盗まれ、人質に

世界中でサイバー攻撃の被害が増えていますが、ディズニー映画もハッカー集団によって人質に取られ、ビットコインで身代金を要求されたようです。

ウォルト・ディズニー・カンパニーの会長兼CEOのボブ(ロバート)・アイガー氏

報道によると、5月15日にニューヨークで行われた傘下ABC従業員との会議で、ディズニーCEOのアイガー氏は『ハッカー集団がディズニーの未公開映画を盗み、公開されたくなければ多額の身代金を払うよう要求している』と伝えました。

ハッカー集団は巨額の身代金をビットコインで支払うよう要求し、応じなければ、盗んだ映画を最初に5分、次に20分…というように、ネット上にリークすると脅しているようです。

身代金の支払いは拒否

ハッカー集団の脅しに対し、ディズニーは身代金の要求を拒否、本当にリークが発生するか見守ると報じられています。

※実際にネット上にリークしたオレンジ・イズ・ニュー・ブラックについては、後述。

ディズニーは現在、この件を恐喝事件として、FBIの捜査に協力しているそうです。

盗まれた新作映画とは?

アイガー氏はハッカー集団に盗まれた新作映画の作品名を明らかにしていませんが、多くのメディアは公開日の近い「パイレーツ・オブ・カリビアン / 最後の海賊」かディズニー傘下ピクサーの「カーズ3」と予測。

または、12月に公開予定の『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』の一部ではないか、と推測する声もあります。

「パイレーツ・オブ・カリビアン / 最後の海賊」予告編 (※ディズニー 公式動画)

アメリカ / 日本での劇場公開日は…

  • 『パイレーツ・オブ・カリビアン / 最後の海賊』2017年5月26日 / 7月1日
  • 『カーズ3 (カーズ / クロスロード)』2017年6月16日 / 7月15日

映画ファンからは、ハッカー集団を非難する声や、ネット上にリークしても劇場公開までは絶対見ない、と誓う声などが上がっています。

Sponsored Link

オレンジ・イズ・ニュー・ブラックも被害に

米メディアの報道によると、2016年末に「thedarkoverlord‏(ダークオーバーロード)」を名乗る人物または組織が、ポストプロダクションの映像製作会社Larson Studios(ラーソン・スタジオ)のネットワークに不正侵入。

Netflixの人気ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のシーズン5を含む、複数の作品の未公開エピソードが盗まれました。

「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」シーズン5 予告編 (※Netflix 公式動画)

ダークオーバーロードは作品と引き換えにビットコインで身代金を要求しますが、ラーソン・スタジオが応じなかったため、各作品の製作会社に身代金を要求。

しかし、2017年4月29日、Netflixが身代金要求のメッセージを受け取りながら対応しなかったとして、『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』シーズン5・全13話のうち1~10話をファイル共有サイト『The Pirate Bay (パイレート・ベイ)』上に公開し、ダークオーバーロードはダウンロード先のURLもツイートしました。

このツイートには、すでに作品を見たと思われる返信コメントもされており、Netflixは「FBIなど捜査機関が捜査中」と声明を発表。

ディズニーの作品を盗んだ組織がダークオーバーロードと同じかどうかは、まだ判明していません。

ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』シーズン5は、2017年6月9日にNetflixで配信予定です。

るるぶトラベル予約完了?ウイルス付の偽メール、添付ファイルに注意

まとめ

  • ディズニーの未公開映画が盗まれ、ビットコインで多額の身代金を要求されている
  • 盗まれた映画の作品は不明で、ディズニーはハッカー集団に身代金を払わない
  • 過去には、Netflixドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」の未公開エピソードがリーク

Sponsored Link