【画像】2017年メットガラ、ケネディ元駐日米国大使の衣装は?

毎年5月の第1月曜日にアメリカ・ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催される資金集めのパーティ『メットガラ(Met Gala)』。2017年はキャロライン・ケネディ元駐日アメリカ大使も参加し、衣装に注目が集まりました。

Sponsored Link

メトロポリタン美術館でファッションの祭典

メットガラ(Met Gala)とは?

『メットガラ(Met Gala)』とは、年1回メトロポリタン美術館で行われる、服飾部門の資金集めパーティ。

「メット」はメトロポリタン美術館のこと、「ガラ」はお祭りを意味します。

このイベントを中心となって主催しているのは、米VOGUEの編集長で、メトロポリタン美術館の理事でもあるアナ・ウィンター。

毎年5月最初の月曜日に開催され、企画美術展の幕開けを飾り、セレブ達がその年のテーマに沿った衣装を身にまとってレッドカーペットに現れます。

2017年のテーマは?

2017年は、5月4日~9月4日までの美術展『Rei Kawakubo/Comme des Garçons: Art of the In-Between』に合わせて、アバンギャルドな衣装がテーマです。

コム・デ・ギャルソンの衣装に限らず、セレブ達は様々なドレスやコスチュームでレッドカーペットに登場しました。(写真は下部)

レイ・カワクボ / コム・デ・ギャルソン展

The Metさん(@metmuseum)がシェアした投稿

この美術展には、1980年代初頭から現在に至るまでの川久保玲さんデザイン / コム・デ・ギャルソンの衣装が約140点展示。

存命中のデザイナーを取り上げるのは、1983年のイヴ・サン=ローラン以来だそうです。

また、2015年のメットガラのドキュメンタリー映画『メットガラ ドレスをまとった美術館』は現在公開中です。

映画予告編

Sponsored Link

【画像】キャロライン・ケネディ元駐日米国大使の衣装

駐日大使在任中は、サンタクロースの衣装で恋ダンスを踊るなど、可愛い姿を披露していたキャロライン・ケネディ氏。

コムデギャルソンの川久保玲さんとは友人だそうで、2017年にはこの衣装で参加しました。

コム・デ・ギャルソンの衣装を着たキャロライン・ケネディ氏

キャロライン・ケネディ氏と息子ジャックさん

SNSにもアップされたケネディ氏の衣装には、非常に多くの反応が寄せられ…

  • 彼女ほどセンスの良い女性はいない
  • 最高な衣装!オシャレだわ!
  • キャロライン、あなたはとても勇敢な女性

など、称賛、もしくは皮肉交じりのコメントも。

他には、クッションカバーやカーテンなどのインテリアとケネディ氏の衣装を比べる人もいました。

2017年のメットガラに姿を見せたセレブ達

オルセン姉妹

The Metさん(@metmuseum)がシェアした投稿

『フルハウス』のミシェル役で一世を風靡したオルセン姉妹ももう30歳、6月の誕生日で31歳になります。

2人とも女優業から離れ、ファッションデザイナーとして活躍していますが、2人を応援する声とともに、『老すぎ!』『寝不足…?』『病気?』など、健康状態を心配する声も上がっていました。

リアーナ

The Metさん(@metmuseum)がシェアした投稿

ケイティ・ペリー

The Metさん(@metmuseum)がシェアした投稿

2017年メットガラのレッドカーペットに到着したセレブ達は、VOGUEのウェブサイトに時系列で画像が載っています。

まとめ

  • メットガラは毎年1回開催されるメトロポリタン美術館・服飾部門の資金集めパーティ
  • 美術展のオープニングイベントとして開催される(2017年は川久保玲 / コム・デ・ギャルソン)
  • キャロライン・ケネディ元駐日大使の衣装がオシャレ&勇敢で注目された

Sponsored Link