ブラジルにジャパンハウス第1号がオープン!日本文化発信の海外拠点!

ブラジル・サンパウロに日本の文化や歴史などを発信する『ジャパン・ハウス』がオープン。4月30日には麻生太郎副総理兼財務大臣も出席して、記念式典が開かれました。

スポンサーリンク

ブラジルにジャパンハウス第1号がオープン!

日本文化や歴史発信の海外拠点

ブラジル・サンパウロにオープンした『ジャパン・ハウス』。

4月30日には麻生太郎副総理兼財務大臣も出席して記念式典が開かれ、一般公開は5月6日に始まります。

『ジャパン・ハウス』は日本の伝統文化のほか、領土や歴史認識をめぐる日本の立場などに関する情報も海外に発信。

日本政府は戦略的な対外発信強化の必要性の高まりを受け、「オールジャパン」を発信するための広報拠点として、今後イギリス・ロンドンとアメリカ・ロサンゼルスにも『ジャパン・ハウス』をオープン予定です。

デザイン監修は隈研吾氏

ジャパン・ハウス サンパウロのデザイン監修は建築家の隈研吾氏。

既存の建物を改築して使用し、ヒノキや和紙など日本の天然素材とブラジルの建物を融合。

館内は3つのフロアで構成され、様々な分野の日本文化の紹介、ワークショップの開催、レストラン、カフェの併設されたライブラリー・スペースもあります。

開館後2ヶ月間は、『竹』がテーマの展示企画を展開予定。

詳しい場所や営業時間等は、公式ウェブサイトでご確認ください。

スポンサーリンク

リオデジャネイロでも東京五輪&日本のPR

日本は、昨年のブラジル・リオデジャネイロ大会でも「ジャパン・ハウス」を設置し、2020年の東京五輪に向けて日本のPRをしていました。

JOC(日本オリンピック委員会)によるとリオデジャネイロ大会開催中、『ジャパン・ハウス』の各ブースは連日大盛況で、最初の2週間だけで5万人以上の人が訪れたそうです。

サンパウロに常設された『ジャパン・ハウス』も一般公開されるのが楽しみですね。

まとめ

  • ブラジルのサンパウロに『ジャパン・ハウス』の第1号がオープン
  • 日本の文化や歴史などを発信していく海外の広報拠点になる
  • 展示だけでなく、ワークショップやレストランなど日本を体感できる

スポンサーリンク