仏大統領選マリーヌ・ルペン氏はどんな人?夫や子供はいる?

フランスのトランプ』などとも呼ばれ、フランス大統領選挙で支持を集めているマリーヌ・ルペン候補。父ジャン=マリ氏の存在は度々報じられていますが、マリーヌ・ルペン氏に、子供や夫はいるのでしょうか。

スポンサーリンク

仏大統領選マリーヌ・ルペン候補はどんな人?

プロフィール

  • 名前:マリーヌ・ル・ペン (Marine Le Pen)
  • 生年月日 / 年齢:1968年8月5日 / 48歳
  • 出身地:フランス・ヌイイ=シュル=セーヌ

マリーヌ・ル・ペン氏は、政治家ジャン=マリ・ル・ペンの娘として1968年に誕生。

父ジャン=マリ氏は1972年に右派政党・国民戦線を設立。

党設立から4年後の1976年、マリーヌ8歳の時には、父ジャン=マリを狙ったと思われる爆弾テロに家族と巻き込まれます。

ルペン一家の住んでいたアパート

ルペン氏のアパート

この時、ルペン一家は就寝中でしたが、家族にケガはなかったそうです。

3人姉妹の末っ子だったマリーヌ・ルペン氏は、13歳ごろから父の政治活動に参加し、18歳で正式に国民戦線の党員になりました。

(左)若い頃のジャン=マリとマリーヌら娘達

(右)1990年代初めのジャン=マリと孫のマリオン

(※マリーヌ・ルペン氏の姪にあたるマリオンさんは、2012年に22歳でフランス議会総選挙に当選し、フランス共和政史上最年少の国民議会議員になりました。)

パリの大学で法律を学んだマリーヌ・ルペン氏は1992~98年まで弁護士として働き、 公選弁護人として、弁護士を金銭的に雇えない違法移民も担当。

1998年からは国民戦線で法務部門の仕事をし、ノール=パ・ド・カレーの地域圏議会議員に当選、2004年に欧州議会議員に当選しました。

そして、2011年からは国民戦線の党首を務めています。

父とは疎遠に?

マリーヌ・ルペン氏と父ジャン=マリ氏

国民戦線の創始者であるジャン=マリ氏ですが、人種差別・反ユダヤ的な発言などが原因で、2015年に娘マリーヌら党員の採決により国民戦線から除名が決定、追放されています。

報道によると、その後マリーヌ氏と現在88歳の父ジャン=マリ氏は連絡も取らず、疎遠になっているそうです。

スポンサーリンク

マリーヌ・ルペン氏に夫や子供はいる?

2度の結婚・離婚歴、子供は3人

ルペン氏は、国民戦線の党員だったフランク・シャフロイ氏と1995年に結婚し、2000年に離婚。

この間に3人の子供をもうけており、1998年生まれの娘ジュアンさんと1999年生まれの男女の双子、ルイさん・マチルドさんがいます。

ルペン氏は子供たちのプライバシー保護に厳しく、子供たちは表に登場しません。

(報道したメディアを訴えたこともあるそうです。)

シャフロイ氏との離婚後、2002年に国民戦線の職員エリック・ロリオ氏と再婚。

しかし、2006年に離婚し、2009年頃から現・国民戦線副党首のルイ・アリオ氏と交際。

2010年に2人は、南フランスに家も購入しています。

2人の間に子供はいませんが、仏メディアの報道によると、アリオ氏にも2度の離婚歴があり、過去の結婚でもうけた子供が2人いるそうです。

内縁の夫?ルイ・アリオ氏とは?

  • 名前:ルイ・アリオ(Louis Aliot)
  • 生年月日 / 年齢:1969年9月4日 / 47歳
  • 出身地:フランス・トゥールーズ

マリーヌ・ルペン氏のパートナー、ルイ・アリオ氏

アリオ氏は2002年の仏大統領選では、マリーヌ・ルペン氏の父ジャン=マリ氏の選挙運動に携わり、その後も国民戦線に所属。

議会アシスタントなどの職に就き、2009年頃からマリーヌ・ルペン氏と交際を開始。

ルペン氏が国民戦線の党首になった2011年からアリオ氏も副党首に就任。

2人は結婚はしていないものの、ほとんど夫婦のような関係だそうです。

2012年の大統領選では第1回の投票で3位に終わったマリーヌ・ルペン氏ですが、2017年の大統領選で決選投票に進むことが決まり、今後の展開が気になります。

まとめ

  • マリーヌ・ル・ペン氏は国民戦線・創始者ジャン=マリ・ル・ペン氏の娘
  • 2011年に国民戦線の党首になり、2015年に父を追放
  • 最初の夫との間に子供が3人おり、現在は副党首のルイ・アリオ氏と交際中

スポンサーリンク