北朝鮮、核実験のXデーはいつ?圧力強める米軍は最強爆弾をIS施設に投下

「戦争開始のXデー」や「北朝鮮崩壊のXデー」など色々なことが言われていますが、北朝鮮が核実験を行うXデーはいつなのでしょうか。4月15日に太陽節を迎える北朝鮮に対して、緊張が高まっています。

スポンサーリンク

北朝鮮、核実験のXデーはいつ?

これまでに、5回の核実験を行っている北朝鮮。

前回は2016年9月9日、北朝鮮の建国記念日に行われました。

そして、4月15日は故金日成主席の生誕記念日で、北朝鮮最大の祝日と言われる『太陽節』。

特に、2017年は故金日成主席の生誕105周年記念でもあり、「6回目の核実験が行われるXデーになる可能性がある」と言われています。

アメリカの研究機関は先日、北朝鮮の核実験施設の準備が完了しているという見解を発表。

さらに太陽節前日の14日には、北朝鮮外務省でアメリカを担当するハン・ソンリョル次官が核実験について『最高指導部が決断すれば、核実験はいつでも実施可能『アメリカが先制攻撃をしてくれば、戦争もありうる』とインタビューで話しました。

北朝鮮の朝鮮人民軍は、アメリカの行動次第では「韓国や日本の軍事基地も攻撃対象」と強調しています。

北朝鮮に詳しい専門家の話によると、6回目の核実験が太陽節当日に行われなかったとしても、近日中に実験が実施される可能性があるそうです。

(核実験でなくても、長距離弾道ミサイル発射の可能性もあり)

アメリカ軍はこれに伴い、北朝鮮に圧力をかけるとともに、北朝鮮に影響力を持つ中国にも圧力をかけています。

また、アメリカ軍は脅しをかけるだけでなく、一掃を目指すイスラム国の施設に爆弾を投下するなどの行動も実際に起こしています。

スポンサーリンク

圧力強める米軍は最強爆弾をIS施設に投下

北朝鮮への圧力を強めるアメリカは、一掃を目指しているイスラム国の施設に対する行動も起こしています。

米軍は、4月13日にアフガニスタンにあるIS(イスラム国)の施設を大規模爆風爆弾(MOAB)で攻撃。

MOAB(モアブ)は、核兵器以外の通常兵器で最強の爆弾と言われ、「すべての爆弾の母」とも呼ばれています

米軍が公開した、最強爆弾によるIS施設攻撃の様子

グローバルセキュリティーによると、MOABは全長9メートル、破壊力はTNT火薬11トン分に相当するそうです。

アメリカのスパイサー報道官は、14日に「MOABが標的としたのはトンネルや洞窟などで構成される軍事施設で、ISの拠点を奪うための作戦だ」と発表。

この攻撃は北朝鮮に対する警告とも見られていますが、北朝鮮も核実験や武力攻撃も辞さない強い姿勢を見せている事から、一触即発の緊張状態が続いています…。

北朝鮮では故金日成主席の生誕105周年記念イベントとして、太陽節前日に子供たちによるパフォーマンスも行われました。

この子供たちがどんな生活をしているかはわかりませんが、早く世界平和が訪れて欲しいです。

まとめ

  • 北朝鮮の核実験Xデーは太陽節当日か、近日中の可能性がある
  • 北朝鮮の外務次官や朝鮮人民軍は、「核実験はいつでも出来る。戦争も辞さない。」という姿勢
  • アメリカ軍は北朝鮮に圧力をかけるとともに、イスラム国には実際に攻撃もしている

スポンサーリンク