ロンドンの車暴走テロ、観光客にも影響?駅や観覧車なども閉鎖

ベルギーのブリュッセル空港や地下鉄の駅で起きたテロ事件からちょうど1年の3月22日、ロンドンのウェストミンスター橋~議事堂周辺で車両暴走の無差別テロが発生しました。そして、安全措置のため、駅やロンドンの観光名所も閉鎖されて観光客にも影響が出ています。

Sponsored Link

ロンドンのビッグベン付近で車暴走テロ

ウェストミンスター橋で歩行者をはねる

ロンドンのウェストミンスター橋~ビッグベンのある国会議事堂付近で、3月22日午後に発生した車暴走テロ。

目撃者の証言や警察の発表によると、車はウェストミンスター橋の上で歩道に乗り上げながらジグザグに走行し、議事堂前のフェンスに衝突。

非武装の警官にナイフで襲撃

暴走車を運転していた男は両手にバタフライナイフのようなものを持って、議会警備の警官に切りつけました。

ウェストミンスター橋とビッグベン&国会議事堂

@LONDONさん(@london)がシェアした投稿

議会警備の警官は非武装の人も居たそうで、この無差別テロでは、車にはねられた歩行者3人と、男に切りつけられた非武装の警官が亡くなり、犯人は別の警官に射殺されました。

犯人の身元はすでに判明しているようですが、まだ公表されていません。

また、報道によると、病院に運ばれた人の中にも大ケガをしている被害者がいるということです。

ケガ人の中には、フランスからの修学旅行生も含まれていました。

Sponsored Link

駅や観覧車などの観光名所も閉鎖

この事件の影響で、ビッグベンのある国会議事堂に隣接するウェストミンスター駅は、警察の捜査のために閉鎖されました。

そして、ウェストミンスター橋や周辺の道路が封鎖されたため、夜になっても一部の道路で渋滞が発生しています。

また、安全措置のために周辺の観光名所やアトラクションも一時観光客を館内などで待機させ、解放後は施設を終日閉鎖しました。

ロンドンを一望できる観覧車、ロンドン・アイは事件発生後1時間ほどに渡ってストップし、観光客が中に取り残されました。

他にもロンドン水族館やシュレック・アドベンチャー、ロンドン・ダンジョン、サウスバンク・センターなどが、警察の指示に従って一時的に客を待機させましたが、安全確認後に全員解放されています。

ロンドン水族館(SEA LIFE)

シュレック・アドベンチャー

これらの施設は23日には平常通り営業を再開する予定だそうです。

世界中の素敵な場所でテロが起こって人が亡くなったり、不安が広がったりするのは、とても悲しいことですね。

英国のメイ首相やロンドン市長は、テロのような暴力行為や脅しに屈せず悪を打ち負かすこと、平静や団結を国民に呼びかけました。

まとめ

  • ロンドンの国会議事堂付近で車暴走の無差別テロが発生
  • 周辺の地域や施設は一時的に捜査や安全措置のために封鎖された
  • メイ首相は、イギリスは暴力行為や脅しに屈しないと表明

ヨーロッパで頻繁にテロや未遂事件が起こっているのは、本当に悲しいことです…。

Sponsored Link