2017年世界幸福度ランキング1位ノルウェーは住みやすい?日本と比較

2017年国連の世界幸福度ランキングで1位になったノルウェー。ノルウェーとはどんな国なのか、住みやすい場所なのか、日本と比較してみました。

スポンサーリンク

2017年の世界幸福度ランキング

1位はノルウェー

国連の定めた3月20日『世界幸福デー』に合わせて発表された、2017年の世界幸福レポート。

そして、世界幸福度ランキングではノルウェーが1位に輝きました。

2017年の世界幸福度ランキング、トップ10は…

※カッコ内は2016年の順位

  1. ノルウェー(4)
  2. デンマーク(1)
  3. アイスランド(3)
  4. スイス(2)
  5. フィンランド(5)
  6. オランダ(7)
  7. カナダ(6)
  8. ニュージーランド(8)
  9. オーストラリア(9)
  10. スウェーデン(10)

ノルウェーが4位→1位に躍進しましたが、トップ10の国は2016年と同じですね。

可能であれば、全部の国に住んでみたいです…。

ノルウェーってどんな国?

スカンディナビア半島にあるノルウェーの正式名称は『ノルウェー王国』。

フィヨルドや大自然、美しい街並みが魅力的な北欧の国です。

首都オスロに次ぐ、ノルウェー第2の都市ベルゲン

ノルウェーの面積は日本とほぼ同じで、東はスウェーデン、北東はフィンランド、ロシアと国境を接しています。

ノルウェーの場所(緑の部分)

Europe-Norway

画像引用元:ウィキペディア

  • 人口:525万8,317人(2016年末時点)

2016年1月の調査では、移民(ノルウェー人以外の両親のもとに外国で生まれて、ノルウェーに移住した人)と移民の家庭にノルウェーで生まれた人(祖父母の代までが全員外国人)の割合は人口の16.3%を占めており、年々増え続けています。

  • 公用語:ノルウェー語
  • 首都:オスロ
  • 主な宗教:福音ルーテル派
  • 通貨:ノルウェー・クローネ

ノルウェーは1994年に行われた国民投票の結果、EU加盟を否決し、現在もEUに加盟国していません。

主な産業は石油・ガス生産業、アルミニウム、シリコン、化学肥料等加工産業、水産業などで、日本にもサーモン、サバ、ニシンなどの水産物を輸出しています。

スポンサーリンク

ノルウェーは住みやすい?日本と比較

【ノルウェーの四季・気候】

ノルウェーにも、日本と同様に四季はありますが、冬が長く、夏が短いのが特徴です。

南北に長い国土のため地域によって差はありますが、一般的には3月末から4月はじめのイースターの頃になると春が、6月下旬の夏至の頃に夏が本格的に来たとされます。9・10月の短い秋を経て、早いところでは10月には雪が降り始め、長い冬がはじまります。

ー引用元:ノルウェー大使館ウェブサイト

ノルウェー南部にある首都オスロの夏は、最も暑い時期の平均最高気温は24℃、冬の最も寒い時期の平均最低気温は-6.8℃です。

東京に比べると冬は寒そうですが、高緯度にある割にはメキシコ湾流が南から温かい海水を運んで来るために比較的温暖な気候なのだそうです。

オスロの年間降水量は東京の半分程度の763mmで、夏の期間のほうが少し雨は多いですが、1年を通して雨(雪)が降ります。

オスロでは雪は1~3月頃に多く降り、20cm程積もることもあります。

【ノルウェーの教育】

  • ノルウェーの教育は7・3・3・3制です。

日本と同じく6歳から学校に通い始めますが、小学校7年、中学校3年の10年間が義務教育。

義務教育の後は日本と同様に大半が進学する高等学校が3年間あり、大学の学士号は3年間です。

ノルウェーの学校はほとんどが公立の学校で、教科書が貸し出されたり、制服がなかったり、日本と違うところが多くあります。

ノルウェーの学校の特色や詳細は…国・地域の詳細情報(外務省) ノルウェーの学校では今(KIDS 外務省)

【ノルウェーの物価・税金】

『世界物価が高い国ランキング』『世界家賃が高い都市ランキング』の常連であるノルウェー / オスロですが、どれくらい物価は高いのでしょうか。

イギリスのエコノミスト誌による、2017年の『ビッグマック指数』でノルウェーは2位。(1位はスイス)

日本は3.26ドル(約370円)なのに対して、ノルウェーはなんと5.67ドル(約643円)…。

※為替レートは、ビッグマック指数が発表された2017年1月当時のもの。

旅行中にマクドナルドで節約しようと入店した人は、泣きそうになりますね。

ノルウェーの首都オスロ

ノルウェーの税金は交通費8%、食料品15%、衣類やその他のもの・サービスは25%です。

高い…ですが、そのおかげで学費や医療費の一部が無料など、高福祉制度社会が成立しているのです・・・。

【ノルウェーの治安】

外務省が2016年8月に更新している安全対策基礎データによると、ノルウェーの治安状況は比較的良好。

一般犯罪は減少傾向にあるそうですが…

置き引き,スリは依然として多数発生している状況にあります。

特に,オスロ市内や空港,駅,公共交通機関の車内,ホテルのフロント,レストラン等での被害が多く,これらの場所や人混みの中ではカバンなど貴重品はしっかりと身につけるなど,スリや置き引きに対する注意が必要です。

組織的犯罪は増加傾向に…

オスロ中央駅周辺は治安が良くなく,特に夜間は危険ですので,夜遅くの一人歩きは避けてください。さらに,ノルウェーにおいては,組織的犯罪が増加傾向にあります。

・・・

ノルウェーに住み始めたときや、旅行にいくときなどは特に勝手がわからず、思わぬ犯罪に巻き込まれる可能性も有るので、注意が必要ですね。

防犯対策については外務省のウェブサイトに詳しく載っているので、ノルウェーに行く予定のある方は是非確認してみてください。

【ノルウェーのカレンダー】

ノルウェーの新学期が始まるのは8月の半ばで、翌年の6月半ばに1年が終わり、約2ヶ月間の長い夏休みに入ります。

また、その他にもクリスマス休暇やイースター休暇があり、子供たちだけでなく、大人も国民の祝日で仕事がお休みになります。

冬の長いノルウェーではスキーやスノーボードなどウィンタースポーツが人気で、クリスマスは家族や親戚、友人たちと過ごす特別な時です。

ノルウェーが住みやすいかどうか』は人それぞれ感じ方が違うと思いますが、文化や言葉、学校や税金の制度など日本と違うところも含めて、とても興味深い国ですね。

ノルウェーの国の歴史や詳しい知識、ビザ・奨学金の案内など、駐日ノルウェー大使館のウェブサイトに載っているので、ぜひチェックしてみてください♪

ちなみに、外務省のウェブサイトによると、2015年10月時点の在留邦人の人数は1,034人だそうです。

ビザや仕事など色々ハードルはあると思いますが、結構少ないですね。

まとめ

  • 2017年の世界幸福度ランキング1位はノルウェー
  • ノルウェーの学校は7・3・3・3制で、義務教育は10年
  • ノルウェーの物価や税金は高いが、その上に高福祉制度社会が成り立っている

北欧の国々の教育や労働のシステムはとても気になります。

スポンサーリンク