南スーダンで自衛隊員が拘束された理由は?日本への撤収時期はいつ?

防衛省の発表によると、南スーダン国連平和維持活動(PKO)で派遣されている自衛隊員5人が一時政府軍に拘束されたそうですが、理由は何だったのでしょうか。また、先日発表された自衛隊の日本への撤収はいつなのかまとめました。

スポンサーリンク

南スーダンで自衛隊員が拘束された理由は?

南スーダン政府軍が拘束

防衛省が18日に発表したところによると、現地時間の同日午前、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に参加していた陸上自衛隊員5人が、首都ジュバ市内で政府軍に拘束。

5人は宿営地からおよそ1.5キロ離れた商店で、部隊で使う衣類などの物資を調達中に南スーダン政府軍の兵士から尋問を受けて、携行していた銃を没収されました。

さらに、自衛隊員の車両で宿営地から約2.5キロ離れた広場まで連行されたそうです。

その後、南スーダンの日本大使館と政府軍が協議して、拘束された隊員らは約1時間後に解放されたそうですが、拘束された理由は何だったのでしょうか。

一時拘束された理由は『誤解』

自衛隊員を拘束したのは、武器の取り締まりをしていた兵士たち。

PKO要員の自衛隊員は武器取り締まりの対象外ですが、尋問をした兵士が自衛隊員を民間人と勘違いしてしまったことが原因だったと南スーダン政府は発表しています。

報道によると拘束された自衛隊員は、このとき日の丸の付いた迷彩服を着て銃を携帯していました。

南スーダンのPKOに参加している自衛隊員が拘束されたのは初めてだそうですが、南スーダン政府は兵士の勘違いを認めて謝罪しました。

拘束された隊員の方たちには、ケガはなかったそうです。

スポンサーリンク

日本への撤収時期はいつ?

2012年1月から始まった南スーダンへのPKO派兵。

派遣から今年で5年を迎えましたが、日報隠蔽疑惑のさなか、3月10日に撤収が発表されました。

安倍首相によると自衛隊施設部隊は現在従事している道路整備が終わる5月末を目途に活動を終了するということです。

現在、首都ジュバで施設活動等をしている隊員は350名で、第1次隊から第11次隊までをあわせると、のべ3854名の隊員が派遣されたそうです。

まとめ

  • 南スーダンでPKOに参加していた自衛隊員5人が一時的に拘束
  • 拘束は、南スーダン政府軍の兵士の勘違いだったため、1時間後に解放
  • 自衛隊のPKO活動撤退は5月末を目途

拘束された隊員の方たちにはケガもなかったようで良かったです。

スポンサーリンク