【サウジ】サルマン国王の息子ムハンマド副皇太子、過去に来日も?

約半世紀ぶりのサウジアラビア国王来日に(一部で?)盛り上がりを見せている日本。2016年に来日したことがあり、天皇陛下や安倍首相と会談したサルマン国王の息子ムハンマド副皇太子はどんな人物なのでしょうか。プロフィールなどをまとめました。

Sponsored Link

サウジアラビアのサルマン国王

まずは、ムハンマド副皇太子の父、サルマン国王について少しご紹介します。

サウジアラビアのサルマン国王兼首相は現在81歳で、3人の妻との間にもうけた子供が10人以上いると言われています。

サルマン国王

サルマン国王は2015年1月、79歳の時に国王に即位。

数人の息子たちは州知事や石油副大臣、空軍のパイロットなどをしており、その中でもサルマン国王に最も近いところで仕事をしているのがムハンマド・ビン・サルマン副皇太子(以下、ムハンマド副皇太子)。

ムハンマド副皇太子は、第二副首相、国防大臣なども兼任しており、高齢の父親をそばで支え、王族の中でもかなりの権力を持っていると言われています。

Sponsored Link

国王の息子ムハンマド副皇太子

プロフィール

ムハンマド副皇太子は、サルマン国王と3番目の妻ファハダ王妃の間に誕生。

年齢は、王族サウード家についてのウェブサイトでは1980年生まれとなっているので36歳ですが、日本では一般的に1985年生まれの31歳と報道されています。

使用する暦によって変わるのかなとも思ったのですが、ただ正確な情報がないだけかもしれません…。

どちらにしても、ムハンマド副皇太子は30歳代で様々な要職についている若きサウジアラビアのリーダーです。

ムハンマド副皇太子

本当に見た目もまだ若い感じがしますね。

ムハンマド副皇太子はキングサウード大学で法学を学んで卒業後、数年間は民間で働きます。

そして、2009年に当時リヤード州知事を務めていた父サルマンの特別顧問として政界入り。

国王の死などで、父サルマンが国防大臣、皇太子兼副首相と地位を上げていくのと同様に、息子のムハンマドも重要なポストに就きます。

そして、2015年1月に父サルマンが国王兼首相に即位すると、ムハンマドは国防大臣、王宮府長官、国王特別顧問などに任命され、その年の5月には副皇太子にも就任

30代で複数の重要なポストに就くことや数年間でこれだけ高い地位に上りつめたのは、王族の中でもかなり異例のようです。

気になる妻の人数は…

ムハンマド副皇太子には現在、奥様が1人、子供は4人います。

子供の頃から日本のアニメが好きで、新婚旅行では日本を訪れたそうです。

過去に来日も?親日で皇室を尊敬?

サウジアラビアの国王が来日するのは46年ぶりですが、ムハンマド副皇太子は2016年8月31日~9月3日まで日本を訪問しています。

その時に、安倍首相や天皇陛下と会談したムハンマド副皇太子。

安倍首相とムハンマド副皇太子

ムハンマド副皇太子

ー画像引用元:外務省ウェブサイト

安倍首相とは重要なパートナーとして、文化交流や二国間の経済協力などについて話しあったムハンマド副皇太子。

そして、海外でも話題になったのが天皇陛下とムハンマド副皇太子の会談。

この飾り気のない部屋で2人が凛として静かに会談している様子…これが海外から称賛を浴びました。

ムハンマド副皇太子が天皇陛下を見つめる眼差しも、何だか優しい感じがしますね。

ちなみに、王族サウード家が国を治めるサウジアラビアは、長い歴史があって国民に愛される日本の皇室に対し、尊敬の念を抱いているそうです。

今回のサルマン国王の来日も楽しみですね。

報道によると、数ヶ月前に来日したムハンマド副皇太子は、今回は日本ではなくアメリカを訪問予定だそうです。

まとめ

  • サウジアラビアのサルマン国王の息子、ムハンマド副皇太子は様々な要職を兼任
  • 大学では法学を学び、これまで父親の近くで重要なポストに就いてきた
  • 2016年の夏に来日して、天皇陛下や安倍首相と会談したことがある

今回はサルマン国王と1,000人以上の同行者がいるみたいなので、ムハンマド副皇太子が来日したときとは注目度や規模が全然違いそうですね。

(追記:ムハンマド副皇太子来日のときは、約500人が13機の飛行機に分乗して来日したそうです。思っていたより大規模で驚きました。)

Sponsored Link