ミュンヘンの恋人オルガ・コルブトがメダルを競売に?理由は金欠ではないと主張

1970年代に世界を魅了した伝説的体操選手、オルガ・コルブト自身が獲得した金メダルなどをオークションに出品したことから『お金のため』とも報じられていますが、本人はSNSでこれを否定しています。

スポンサーリンク

オルガ・コルブトが金メダルなどを競売に?

オークションサイトに出品

オルガは五輪メダルだけでなく自分に関わるものを30点以上、オークションサイトHeritage Auctionsに出品。

オリンピックで獲得したメダル、競技の際に着用していたレオタード、トロフィー、オリンピックのIDバッジ&パス、サイン入りの雑誌、パスポート…

『そんなものまで?』と思うものも出品されています。

オークション

Heritage Auctionsスクリーンキャプチャ

現在オークションはすでに終了していて、五輪メダルは計約23万ドル(約2,600万円)、出品したもの全体では約33万3,000ドル (約3,700万円)になったそうです。

すごい大金ですね。

しかし、これによってロシアでは『オルガはお金に困っている』と報じられ、他国のメディアもそれを引用したことからオルガはツイッターで反論しています。

お金のためではないと主張

オルガのツイッターの投稿(現在は削除)

なんてことなの!ロシアのニュース記事では、私が金欠だからメダルを売ったと書かれているわ。これは真実じゃない!私はアリゾナで幸せ&健康に暮らしている。 #偽ニュース 私は素晴らしい人生を送っています。』ー2017年2月28日

・・・なるほど。

オークションで得たお金をチャリティに寄付するとか、若者のために体操教室を新しくつくるとか…理由を教えてほしかったですね。

個人的なことなのかもしれませんが。

とにかく、オルガさんはアリゾナでハッピーな人生を送っているようです。

スポンサーリンク

ミュンヘンの恋人、オルガ・コルブトとは?

プロフィール

  • 名前:オルガ・コルブト
  • 生年月日 / 年齢:1955年5月16日 / 61歳
  • 出身地:ソビエト連邦
  • 身長:150cm

オルガは、1972年ミュンヘン五輪、1976年モントリオール五輪に出場し、金メダル4個、銀メダル2個を獲得しています。

そして、現在は米国アリゾナ州で体操などを教えていて自らを『体操の母』と呼んでいます。

ミュンヘン五輪の動画

1972年ミュンヘン五輪でのオルガ・コルブト。

この大会でオルガは団体、平均台、ゆかで金メダル、段違い平行棒で銀メダルを獲得しました。

観客を魅了した “ミュンヘンの恋人” オルガには、大会後1年で2万通ものファンレターが届いたそうです。

これからもオルガの活躍に期待したいと思います。

まとめ

  • ミュンヘンの恋人、オルガ・コルブトが五輪メダルなどをオークションに
  • ロシアでは『オルガはお金がない』と報道
  • オルガはこれに反論しているが、競売に出品した理由は明かしていない

もしかしたら断捨離をしているだけかもしれないですね。

スポンサーリンク