金正男氏暗殺関与で北朝鮮の大使館員逮捕も?空港の監視カメラに姿

なかなか捜査が進展しない金正男氏暗殺事件。マレーシア警察は、金正男氏暗殺の重要参考人でありながら捜査に非協力的な北朝鮮の大使館員に対して、逮捕状を請求する可能性もあると示唆しています。

Sponsored Link

金正男氏暗殺関与で北朝鮮の大使館員逮捕も?

金正男氏暗殺への関与が疑われている在マレーシア北朝鮮大使館のヒョン・グァンソン2等書記官。

ヒョン・グァンソン2等書記官 44歳

グァンソン2等書記官は、マレーシア警察が事情聴取を要求しているのに全く姿を見せません。

しかも、在マレーシア北朝鮮大使館のカン・チョル大使は『暗殺されたのは金正男氏ではない』『捜査はでっちあげ』という姿勢を見せています。

報道によると、当初は金正男氏だと認めていたらしいので意味不明な対応ですね。

外交官の捜査を制限する国際条約があるために強制的な手段が取れなかったマレーシア警察ですが、25日に『捜査に非協力的な状況が続けば、マレーシアの法律に従って大使館に書簡を送り、強制的にグァンソン2等書記官を引っ張り出せる。』と発表しました。

マレーシア警察は、それでもグァンソン2等書記官が姿を表さないのであれば、逮捕状を請求するとしています。

実際に逮捕状の請求が可能なのかはわかりませんが、雲隠れしているグァンソン2等書記官は、金正男氏が暗殺されたクアラルンプールの空港の監視カメラにバッチリ姿が写っているようです。

報道機関によっては『グァンソン2等書記官がこの事件の指揮をとっていた』とまで言われています。

Sponsored Link

空港の監視カメラに姿?

事件の重要参考人、在マレーシア北朝鮮大使館のグァンソン2等書記官。

報道によると、金正男氏暗殺事件後に韓国レストランにグループで訪れていたそうです。

空港で他の容疑者を見送ったとされる、グァンソン2等書記官の姿が監視カメラの映像に映っていました。

色々報道でも言われているように、数年前から計画が立てられていた事件だとしたら、ずさんな点も多いような気がしますが…ますます事件の真相が気になります。

まとめ

  • マレーシア警察が事件の真相解明のために頑張っている
  • 空港のカメラにも映っているキーパーソンが雲隠れ
  • 北朝鮮や在マレーシアの大使館は捜査に非協力的

マレーシア警察も本当に連日大変ですね。

Sponsored Link