トランプ政権に批判的なメディアは会見出席不可?偽ニュースとの闘いは続く…

いつもならホワイトハウスのプレスルームに各報道機関が集まって、スパイサー報道官との熱戦(?)を繰り広げる定例記者会見。24日はそれが一変、選ばれたメディアのみ参加可能、カメラも無しで行われたみたいです。

スポンサーリンク

トランプ政権に批判的なメディアは出席不可?

2月24日に通常通り行われるはずだった定例記者会見。

しかし、この日は参加を許可された報道機関のみが参加できるという非公式な形式に変更し、撮影も不可となりました。

参加を許可された報道機関は、保守系のFOXテレビ、バノン氏の古巣ブライトバート・ニュースなど、トランプ政権に好意的な報道をしていたメディア。

そして、トランプ大統領がいつも名指しで批判しているCNNやニューヨーク・タイムズ、バズフィードなどは参加させてもらえませんでした。

ポリティコがSNSで公開していた音声(既に削除)によると、女性記者に『なぜCNNとニューヨーク・タイムズは締め出されたのか、彼らの報道が気に入らなかったのか?』と聞かれたスパイサー報道官は…

それは違う。

*プール取材をして、いくつかの報道機関を呼んでその延長をすることにした。

これは私の判断だ*$#&%…

&$#%*…我々は嘘のストーリーや事実と異なる報道を黙ってみている訳にはいかない!

ブチッ

最後の方は、スパイサー報道官が結構怒っているようにも聞こえますが…。

怖いですね。

*プール取材とは…

同じ対象を多くの報道陣が取材したい場合、取材される側が報道側の代表を選んで取材させること。代表は他の報道陣に取材結果を報告する。代表取材。

ー引用元:コトバンク(大辞林 第三版)

この他にもロサンゼルス・タイムス、ザ・ヒル、英BBCやガーディアンなど10社以上が会見から締め出されたそうです。

スパイサー報道官は、どのようにメディアを選別したのかや締め出しの理由は明かしておらず、『トランプ政権はメディアに対して十分な取材機会を与えている』と話しているようです。

よくわからないですね。

スポンサーリンク

偽ニュースとトランプ政権の闘いは続く

そんなこんなで、毎日のようにメディア批判をしているトランプ大統領ですが、確かにメディアの報道もトランプ大統領に好意的ではないものがたくさんありますね。

2月23日に行われた米製造業のトップらとの会合

24人のCEOらが参加したこの会合で、トランプ大統領は『アメリカの雇用を取り戻す!』とアメリカのために一生懸命頑張っていたようですが、バズフィードやニューヨーク・タイムズ、その他多くのメディアが強調して報道したのは、参加者の自己紹介でのトランプ大統領の言動。

キャンベル・スープ・カンパニーのCEOデニース・モリソン氏が自己紹介すると、トランプ大統領はすかさず『Good soup. (素晴らしいスープだ)』と反応。

一部のメディアはこの部分ばかりを報道し、ツイッターには#goodsoupのハッシュタグも登場。

確かにこの動画は面白いと思いましたが…本人だったらバカにされた気分になりますよね。笑

CNNはオバマ元大統領の人気を報道

トランプ大統領に最も嫌われていると言っても過言ではないCNN。

これまで何度も『偽ニュース』と叫ばれ、名指しで批判されてきました。

24日に会見から締め出されたCNNが、翌25日に報道したのは『オバマ元大統領が大人気』というニュース。(もちろん他の報道もしてますが…)

現在の大統領を支援している人たちもいる一方で、ニューヨークに現れたオバマ元大統領が観衆から大歓声を浴びています。

さらに、フランスではオバマ元大統領を次期フランス大統領に擁立するための署名も行われています。

このフランスのニュースは他のメディアでも報道されていましたね。

トランプ大統領はCNNを見ていないと思いますが、このニュースを見ていたらキレそうです。笑

やはりこれからもメディアとの闘いは続いていきそうですね。

まとめ

  • 24日の定例会見は、一部の報道機関のみしか参加できなかった
  • トランプ政権に批判的な報道をしていたメディアはシャットアウト
  • 他人の立場から見ると面白い報道もたくさんある

オバマ元大統領はフランスでも持ち上げられてて良かったですね。

スポンサーリンク