金正男氏暗殺で警察が犯人を逮捕?監視カメラの映像と身元も公表?

2月13日にクアラルンプールの空港で『女性2人によって毒殺された』とされている、金正男氏。マレーシアの警察が拘束していた女性容疑者を逮捕して身元を公表したようです。

スポンサーリンク

金正男氏暗殺で容疑者を逮捕!写真と名前を公表

容疑者の映った監視カメラの映像

マレーシアのThe Star(電子版)ツイッター画像です。

LOL』と書かれた服を着ていることに衝撃…

マレーシアの警察は、2月15日(水)朝、監視カメラの映像に映っていた女性に似ているとして、クアラルンプール国際空港にいた容疑者を拘束。

報道によると、容疑者は空港のあるセランゴール州の警察署に移され、同日夕、『この女性が金正男氏の暗殺に関わったと確信している』として、警察が逮捕を発表しました。

逮捕されたのは、ベトナムのパスポートを持ったDoan Thi Huong容疑者、28歳 (29歳という報道もあり)。

拘束された時も20代半ばの女性と言われていましたが、やはり結構若い女性でしたね。

ベトナムのナムディン出身のDoan Thi Huong容疑者は、拘束された15日朝、ベトナムへ戻る飛行機に乗るために空港に戻ってきていたそうです。

国外に脱出する前に拘束できてよかったですね。

しかし、当初の発表通り金正男氏を毒殺した犯人は女性2人だとし、マレーシアの警察は引き続きもう1人の毒殺犯と、暗殺に関わったであろう数人の黒幕(男性4人と報道)についても調査しているそうです。

スポンサーリンク

金正男氏の暗殺事件について

2月13日(月)朝9時頃、マカオに向かおうとしていた金正男氏がマレーシア・クアラルンプール国際空港で女性2人により毒物をかけられ(※詳細は不明)、病院に運ばれる途中で亡くなりました。

金正男氏の暗殺について、警察は暗殺方法、死因について正式な発表はしていませんが、メディアの報道によると、毒殺の可能性が高いということです。

近年は東南アジアの国を転々としていたとされている金正男氏は、マカオを生活拠点の1つにしていて、2月6日にマカオからクアラルンプールに入り、暗殺された13日は、再びマカオに戻ろうとしていたということです。

また、暗殺された際に、パスポートの名前は『キム・チョル』となっていたそうですが、この男性が金正男氏本人であることはすでに確認されているということです。

まとめ

  • 金正男氏を暗殺した犯人の1人が逮捕された
  • 監視カメラの映像では「LOL」の服を着ていた
  • 逮捕された女性はベトナム出身の20代女性

裏でどんなことが起きているのかまだわかりませんが、怖い世の中ですね。

スポンサーリンク