オバマ氏、バカンスは島に?大富豪ブランソン氏が動画を公開!

大統領の任期を終えたバラク・オバマ元大統領。大富豪のリチャード・ブランソン氏所有の島で、バカンスを楽しんでいる写真や動画が公開されました。

Sponsored Link

オバマ元大統領がバカンスを満喫

リチャード・ブランソン氏所有の島で?

大統領の任期後、しばらくは寝て過ごすと言っていたオバマ氏ですが、思ったより早くバカンスに出かけていました。

オバマ夫妻はブランソン氏に招かれて、カリブ海にある英領バージン諸島のモスキート島やネッカー島で過ごしたそうです。

※ブランソン氏は、無人島だったネッカー島を1878年(28歳の時)に購入、モスキート島は2007年に購入したそうです。

ネッカー島の場所

※モスキート島は、ネッカー島から南西の方向にあります。

ネッカー島は、有名人のお忍びバカンスや結婚式に使われたり、一般人でも34人までの団体で島ごと借りて宿泊することもできますが、公式ウェブサイトによると2017年の基本的な宿泊費は1人1泊2,353ドル(約25万円)~だそうです。

モスキート島も22人まで宿泊できます。

トロピカルなネッカー島

夜はとてもロマンチック

大富豪リチャード・ブランソン氏とは?

ブランソン氏は、ロンドン郊外出身の現在66歳。家族は、1989年にネッカー島で結婚式を挙げて再婚した奥様と子&孫。

リチャード・ブランソン氏とオバマ元大統領

フォーブス誌によると、10代後半から様々なビジネスを始め、ヴァージン・グループを創設したブランソン氏の2016年1月の純資産は52億ドル(約5,800億円)。

ブランソン氏は幼い頃からディスレクシア(識字障害)で、『同じ悩みを持っている若い人にも成功できることを伝えたかった』と大人になってから公表していますが、積極的に起業家の支援なども行なっています。

Sponsored Link

オバマ元大統領がカイトサーフィンに挑戦

ハワイ出身のオバマ氏はサーフィンが大好きでしたが、大統領になる時に警護隊に『今後8年間はウォータースポーツ禁止ですよ』と言われ、他の好きな事とともに諦めないといけなかったそうです。

そして、任期後のバカンスでは、カイトサーフィンに挑戦したようです。

Jack Brockwayさん(@hijack)が投稿した写真

とても楽しそうなオバマ氏。

沈んでいるオバマ氏。

最終日には、カイトサーフィンに挑戦したオバマ氏と、フォイルボードに挑戦したブランソン氏が対決!

TMZさん(@tmz_tv)が投稿した写真

すでにカイトサーフィンが得意なブランソン氏はフォイルボードを習得してオバマ氏と対決しました。

・・・勝ったのはオバマ氏でした!

ブランソン氏も『次は私が勝つ!』と意気込んでいます。

動画や写真には写っていませんが、もちろんミシェルさんも一緒に島でバカンスを楽しんだそうです。

関連記事:オバマ氏の任期後の計画は?バイデン副大統領も助言!パロディ動画が面白い

まとめ

  • オバマ元大統領がバカンスを楽しんだ様子が公開
  • カイトサーフィンに挑戦して、フォイルボードのブランソン氏に勝利
  • ブランソン氏は若い頃から成功した超大富豪で結構良い人そう

ブランソン氏はイギリスの政界や王室などと関わりがあるだけでなく、オバマ元大統領とも親しかったんですね。

Sponsored Link