メキシコのペニャニエト大統領「壁の費用は負担しない」と動画で声明

1月25日にメキシコの国境に壁を建設する大統領令に署名をしたトランプ大統領。メキシコのペニャニエト大統領は「壁の費用は負担しない!」という声明を出しました。

Sponsored Link

メキシコのペニャニエト大統領が声明

壁の費用は負担しない!

アメリカのトランプ大統領が25日に国境の壁建設と移民の取り締まり強化について大統領令に署名し、TVインタビューで「メキシコが費用を払い戻す」と言ったことについて、メキシコのペニャニエト大統領がツイッターで動画を投稿して反論しました。

ツイッターでは「Un mensaje para todos los mexicanos = 全てのメキシコ人に宛てたメッセージ」として投稿されています。

※動画はスペイン語です。

動画の内容は?

この動画では、トランプ大統領が大統領令に署名したことに対して、大統領の姿勢とメキシコ政府の対応を国民に伝えています。

ペニャニエト大統領が言いたいのは・・・

メキシコは、壁を信じていない。

何度も言っているが、メキシコは、いかなる壁の費用も負担しない。

トランプ大統領は、TVインタビューでは「メキシコは『費用を負担しない』と言わざるを得ないので、言っているだけ」「複雑な方法になるかもしれないが、メキシコが費用を払い戻す」と言っていました。

※壁の費用について米スパイサー報道官は26日、メキシコからの輸入品に20%の税金を課して、壁の費用を徴収する計画があると話しました。

(これが20%の関税だと、メキシコだけに高い関税を課すのはWTO協定違反になる可能性があるみたいなので、関税ではない方法で税制改革を進める方針だそうです。)

ペニャニエト大統領は動画の中で、メキシコの対応についても触れています。

  • 外務省にメキシコ国民を守るための対策を強化するよう指示
  • 50の在米メキシコ領事館が、移民の権利の代弁者になる
  • メキシコ政府が必要な保護を保証する、法的な助言をする
  • 立法者や市民組織が集まって移民を援助するように要求

私はメキシコの大統領として、メキシコやメキシコ人の利益を考え、守るのは当然の責任です。

問題に直面し、難問に立ち向かうのは私の役目です。

と話し、メキシコのためになる結果を求めてアメリカ政府と交渉を進めていくことを強調しています。

来週はアメリカで会談の予定

今回、トランプ大統領が半ば強引に国境の壁建設と移民取り締まりの大統領令を出して「費用はメキシコが払い戻す」と発言し、それに対してペニャニエト大統領が反論していますが、来週31日にはアメリカで首脳会談をする予定になっています。

この首脳会談が予定通り行われるのか気になりますが、最新の報道だと「ペニャニエト大統領が訪米の見送りを検討」しているようです。

今の状況で2人が対面したら、周りの人たちにも緊張が走りそうですね。

※追記:26日にペニャニエト大統領は訪米とトランプ大統領との会談を中止することを発表しました。

トランプ大統領はこの日ツイッターに「もしメキシコが超必要とされている壁の費用を払いたくないのなら、会談は中止した方がいいだろう。」と投稿していました。

Sponsored Link

ペニャニエト大統領とは?

プロフィール

ペニャニエト大統領は1966年7月20日生まれの50歳。

本名はEnrique Peña Nietoで、日本語ではエンリケ・ペニャ・ニエトと表記されることもあります。

Enrique Peña Nietoさん(@epn)が投稿した写真

2012年12月からメキシコの大統領を務めていますが、アメリカへの対応が弱腰と見られて、最近の支持率は12%にまで落ちているそうです。

今回の対応で、強いところを国民に見せないといけないですね。

日本では「イケメン」とも言われているペニャニエト大統領ですが、現在は女優のアンへリカ・リベラさんと結婚していて、前妻や愛人との間に子供もいるそうです。

Enrique Peña Nietoさん(@epn)が投稿した写真

奥様、美しいですね。47歳だそうです。

トランプ大統領と過去にも会談?

ペニャニエト大統領とトランプ大統領は、トランプ大統領が当選する前の2016年9月にメキシコ・シティで会談をしています。

トランプ大統領は、会談する以前からメキシコが壁の費用を負担すると公言していましたが、会談では「費用の支払いについては話し合わなかった」そうです。

それまでも選挙運動の演説で、散々メキシコからの移民やメキシコについて批判や中傷をしてきたトランプ氏でしたが、この会談では「メキシコ系アメリカ人は好きだ」「彼らは素晴らしい」「友人もいる」などと言い、ペニャニエト大統領も友好的な態度と言動で望んでいました。

トランプ大統領は、発言の相手が目の前にいないツイッターやTVインタビューのときなどは、直接話すときより強気なんですね

関連記事:メキシコ国境の壁建設はなぜ必要?高さや費用は?トランプ大統領の発言!

まとめ

  • トランプ大統領がTVのインタビューでメキシコが壁の費用を払い戻すと再び発言
  • メキシコのペニャニエト大統領は、動画で反論する声明を発表
  • 今後予定されている首脳会談が実現するかは不透明→1月末の会談は中止

アメリカとメキシコはお隣の国同士なので、関係が改善されるといいですね。

Sponsored Link