イヴァンカさんの今後は?ファーストレディ代役は否定も女性を応援!

仕事を離れてニューヨークから家族でワシントンD.C.に引っ越したイヴァンカさん。ファーストレディ代役とも言われていましたが、メディアのインタビューでそれを否定して今後について語りました。

スポンサーリンク

長女イヴァンカさんは一家でワシントンD.C.に引っ越し

新居はオバマ大統領のご近所

ワシントンD.C.の高級住宅街カロラマ地区に引っ越したイヴァンカさん一家。

夫クシュナー氏は、大統領上級顧問に就任しました。

イヴァンカさんの新居とオバマ一家の新居

左がイヴァンカさんの家、右がご近所のオバマ家。

もうすぐ1歳の次男セオドアくんのベッド。可愛い壁紙ですね。

イヴァンカさんの今後は?

イヴァンカさんは複数のメディアのインタビューで今後について、まずは新しい環境での生活に慣れたい、子どもたちも順応できるようにサポートしたいと話していました。

これは大統領の賓客が宿泊する、ホワイトハウス近くにあるブレアハウスでの写真。

アラベラちゃんとジョセフくんはパジャマで家族写真に収まるほど、リラックスしているようです。

今後、クシュナー氏はホワイトハウスで働くことになりますが、イヴァンカさんはどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク

ファーストレディの代役は否定

ホワイトハウスに部屋があるかは明言せず

トランプ大統領の妻、メラニア夫人がバロンくんとしばらくニューヨークに留まることから、「イヴァンカさんがメラニア夫人の代わりにファーストレディを務めるのでは?」と噂されていましたが、イヴァンカさんはこれを否定しています。

ファーストレディは1人しかいない。メラニアさんは素晴らしいファーストレディになる。

ABCニュースのインタビューでは、「ホワイトハウスにイヴァンカさんのオフィスはあるか?」という質問に対して、「今はワシントンD.C.に引っ越して、各地を周り、人々の声を聞くことに集中したい。」と語っていました。

過去には父トランプ氏のそばで闘うと宣言

まだトランプ氏が大統領の選挙運動をしていた7月、イヴァンカさんは応援演説で「父トランプ氏が大統領になったら、そばで闘う」と宣言していました。

彼(トランプ氏)が大統領になったら、同等の仕事に対しての男女同一賃金のために闘います。

もちろん、私も彼のそばで一緒に闘います。

また、イヴァンカさんは「自分自身も3人の子供の母で、働く女性の大変さは理解している」と述べ、トランプ氏は働く女性や母親のためにも労働法を変えるだろうと述べていました。

まだイヴァンカさんは今のところ、本格的に始動はしていませんが「Women Who Work」という本を出版予定です。

この本は、女性が成功するためのガイドブックで、当初は3月に発売予定でしたが、トランプ氏が当選したことで追記などもあって5月に延期になりました。

本の売上は女性のためのチャリティに寄付されるそうです。

イヴァンカさんは、最近のインタビューで今後トランプ大統領が本当に男女同一賃金や労働法の改善に取り組むか聞かれ、「まずは少し彼に時間を与えてください」「(女性のデモがあったことに対して)父は世間が間違っていたことを証明するでしょう」と話していました。

本当に女性やすべての人が働きやすい世の中になるといいですね。

まとめ

  • イヴァンカさんはワシントンD.C.で、今後も夫や父をサポート
  • ファーストレディの代役は否定するも、国民の声に耳を傾けると約束
  • 女性を応援する本を出版予定で、売上はチャリティに寄付される

ホワイトハウスに部屋はたくさんあるので、実はイヴァンカさんの部屋もあるかもしれないですね。

スポンサーリンク