ニューヨーク・トランプタワーの爆弾騒ぎで避難?不審物の中身が気になる!

12月27日にニューヨークのトランプタワーで不審物が見つかり、警察や爆弾処理班が出動して現場は一時騒然となりました。不審物の中身や爆弾騒ぎ、トランプ氏の所在についてまとめました。

Sponsored Link

トランプタワーに爆弾!?

トランプタワーで不審物を発見

現地時間の12月27日夕方、トランプタワー内のお店Niketownの入口付近に置かれている不審な黄色いリュックサックが発見されました。

そして、ニューヨークの消防署に連絡が入り、NYPD(ニューヨーク市警察)の広報担当者はランプタワーのロビーで不審物を発見!爆弾処理班が対応中!」とツイートしました。

NYPDは、十分な注意が必要だとしてタワー内で仕事をしていた人や観光客を避難させて爆弾処理班を配置し、周辺の道路も一時封鎖されました。

現場にいた人たちはトランプタワーなので「何かあるかも?」とは思っていたかもしれませんが、爆弾があると聞いたらパニックになりますよね。

この騒ぎのもととなった不審物は何だったのでしょうか。

不審物は中身は何?

人々を避難させて、爆弾処理班が不審物を確認したところ、

なんと、ロビーで発見された黄色いリュックの中身はおもちゃだったそうです。

どうやら、子供の忘れ物だったようで、害がないことが確認されました。

一件落着で良かったですね。

Sponsored Link

人々の反応は?

けが人などが出なくてよかったのですが、おもちゃのためにパニックになりながら避難させられた人々の反応は・・・

  • トランプタワーのセキュリティの厳しさは異常だ
  • トランプ氏はゴールド(金)で出来たおもちゃしか知らないんだろう
  • サンタクロースが置いていったんじゃないのか?

など、実際に爆弾ではなかったため、冗談やトランプ氏をからかうものがほとんどでした。

「トランプ氏が金でできたおもちゃしか知らないから、バッグの中身を認識できなかった」という考えは面白いですね。

しかし、次期大統領のトランプ氏自ら不審物をチェックすることは無さそうです。

ところで、この時トランプ氏はどこにいたのでしょうか?

トランプ氏や家族は?

トランプ氏はこの時すでに休暇でフロリダに滞在中だったため、トランプタワーには不在だったそうです。

フロリダのパームビーチにあるトランプ氏所有のMar-a-Lagoで年末の休暇を過ごしているみたいですね。

Mar-a-Lago


いつも何かとツイッターで発言しているトランプ氏ですが、今のところこの爆弾騒ぎに関してコメントをしていません。

今回は誤認でしたが、トランプタワーのセキュリティにかかる費用がまた増えそうですね。

まとめ

  • ニューヨークのトランプタワーで不審物が発見される
  • タワー内にいた人は避難して警察や爆弾処理班も出動するが、不審物はおもちゃだった
  • トランプ氏はこのときフロリダで休暇中だったため、トランプタワーには居なかった

今回のNYPDの対応については色々言われていますが、あとで笑い話になるくらいのほうが良いので、これからも市民の安全を守って欲しいです。

Sponsored Link