ジャレッド・クシュナー氏の経歴は?イヴァンカさんとの出会いや経営する会社について!

最近急速に日本のメディアにも報道され始めたトランプ氏の長女イヴァンカさんの夫ジャレッド・クシュナー氏。先日の安倍首相との会談にも同席していましたが、何者なのでしょうか。

スポンサーリンク

イヴァンカさんの夫 ジャレッド・クシュナー氏のプロフィール

  • 名前:Jared Corey Kushner (ジャレッド・コーリー・クシュナー)

180cmのイヴァンカさんの横に立ってもさらに長身のジャレッド氏は、何と身長190cm以上あるそうです。

  • 生年月日:1981年1月10日 (和暦では昭和56年)

→妻イヴァンカさんは1981年10月生まれなので、2人とも歳が近いですね。

  • 出身地:ニュージャージー州のリヴィングストン
  • 星座:山羊座 (Capricorn)
  • 干支:酉(トリ)年
  • 動物占い:ブラウンの狼・・・「確かな人生設計のもと一歩一歩堅実に前に進む人 非常に現実的で計算に強い人

→クシュナー氏は義父トランプ氏当選の黒幕とも言われているので、ちょっと当たってそうですね。

スポンサーリンク

クシュナー氏の生まれや出身大学、出版社買収やイヴァンカさんとの出会い・結婚まで

幼少期

ジャレッド・クシュナー氏は2016年11月現在35歳で、祖父母はポーランドからの移民、ユダヤ教の家系です。不動産開発業を営むチャールズ・クシュナー氏の長男としてニュージャージー州リヴィングストンに生まれました。姉が1人、弟が1人、妹が1人いる4人兄弟です。ちなみに弟のジョシュアさんも実業家だそうです。

学生時代

クシュナー氏は名門ハーバード大学の社会学士を2003年に修了、2007年にはニューヨーク大学でMBAと法務博士(J.D.)を取得しています。

MBAを若くして取得していることにも驚きますが、さらにびっくりすることに、クシュナー氏は25歳の2006年、不動産などで稼いだ資金と家族のサポートにより、当時経営不振に陥っていたニューヨーク・オブザーバー誌をおよそ1,000万円で買収し、現在は黒字に回復させているそうです。

25歳でこれだけのお金を動かすというのは、裕福な家に生まれたからかもしれませんが、度胸がありますね!

イヴァンカさんとの馴れ初め

クシュナー氏とイヴァンカさんは2005年ごろに共通の友人を通して仕事の場で知り合い、その後比較的すぐに恋人同士になったようですが、クシュナー氏が正統派ユダヤ教の家庭出身でご両親が同じ宗教の女性との結婚を望んでいたことなどから、2008年には一度恋人から友人同士に戻っています。

しかしその後ヨリを戻し、イヴァンカさんはクシュナー氏のご両親とも良い関係を築き、最終的にはユダヤ教に改宗して、2009年に婚約・結婚、現在は3人のお子様にも恵まれています。

イヴァンカさんやお子様についてはこちらの記事に書きました。

素敵なご家族ですよね。両親ともにモデル並みのルックス(しかもお金持ち)、子どもたちの将来が楽しみですね!

クシュナー氏の父が創業した「クシュナー・カンパニーズ」とはどんな会社?

  • クシュナー・カンパニーズはジャレッド・クシュナー氏の父、チャールズ・クシュナー氏によって1985年に創業された
  • もともとはニュージャージー州の住宅などを多く扱う不動産開発業者だった
  • 父チャールズ・クシュナー氏が2005年に脱税や証人買収、違法献金などで有罪判決を受けた
  • 実質的に事業を引き継いでいたジャレット・クシュナー氏は、マンハッタンのオフィスビルなどの不動産運用でも成功し大金を得る
  • 現在ジャレッド・クシュナー氏はクシュナー・カンパーニーズの共同経営者の立場である

何もかも順調なお家に育ったのかと思ったら、お父様は逮捕されていたのですね・・・。

大統領選でのクシュナー氏の役割は?

義父ドナルド・トランプ氏の大統領選でジャレッド・クシュナー氏は、

  • トランプ氏のデジタル解析・ソーシャルメディアを通した選挙運動での陰の立役者だった
  • シリコンバレーから100名ほどの優秀な才能を集め、データの解析やソーシャルメディア運営チームを作った
  • トランプ氏のスピーチ原稿の作成に関わり、政策策定や財務を取り仕切るチームも作った
  • 選挙運動を実際に動かしていたとも言われている

クシュナー氏はトランプ氏の選挙運動において、高い地位の人物を首にできるほどの権力を持ち、義父トランプ氏から信頼を得ていたようです。

トランプ新政権での役割はどうなる?

アメリカの大統領就任に関しては、次期大統領が決まる11月から就任する1月までの間に「政権移行期間」があり、この期間は新政権での組閣や官僚人事、政策方針の決定などに充てる非常に大切な時期となります。

  • クシュナー氏はこの移行期間にもトランプ氏の重要な相談役の一人になっている
  • トランプ氏の実子たちよりもトランプ氏に近い立場とも言われている
  • しかし、アメリカでは縁故採用禁止法により、大統領の親戚が政権に入ることが禁じられている
  • それでもおそらく新政権のブレインやアドバイザーとしてトランプ氏を支える存在になることは確実

すでにトランプ氏の側近と、ホワイトハウスのあるワシントンD.C.に居るところを目撃されています。

妻イヴァンカさんともD.C.に引越し先を探しているという噂もあるので、気になりますね。。

まとめ

  • クシュナー氏は見た目だけではなく、学歴もビジネスの経歴も華やかで、人脈がすごい
  • 大統領選ではトランプ氏を裏から戦略的に支えて当選に導いた
  • トランプ新政権でも何らかの重要な役割を担うこと間違い無し

クシュナー氏は物静かな感じですが、調べてみたらいろいろな経歴を持った人物で驚きました。今後ますます目が離せません。

スポンサーリンク